すっぽん小町とにんにく卵黄、どちらが良いのか違いと比較してみました。

すっぽん小町とにんにく卵黄。どっちがい良いの?

元気がない。体調不良。疲れが取れない。

男女問わず、疲労というのは年々積もってくるものですね。

疲れが取れない、健康の為に、お肌のことも考えたいなどなど。

昔から滋養強壮、疲労回復、栄養補給で有名な二つの食材すっぽんとにんにく。

どちらの方が良いのか?といった疑問は誰しも悩むところですね。

その違いとは何なのか。比較しながらしながら見ていきましょう。

すっぽん小町とにんにく卵黄どちらが良い?

すっぽん小町とにんにく卵黄。と、いってもすっぽん小町は商品名、にんにく卵黄は〇〇にんにく卵黄など数多く販売されています。

まずは、すっぽんとにんにく卵黄と食品面の違いから見てみます。

結論から先にまとめるとどちらも良いものだし、「気に入った方が良いもの」と言った答えになります。

そもそもが栄養豊富な「すっぽん」と「にんにく」。私たちの日常に足りない栄養を補給してくれる食材には違いないからですね。

なので、口コミや評判を見ても「私にはすっぽんサプリがあったようです。」「にんにくサプリを飲んだけど、効果が感じられませんでした。」逆の声も多く上がります。

効果が感じられた、感じられなかった。それは自分の体に不足している栄養が当てはまるか、で変わってきます。

すっぽんに含まれる栄養、そしてにんにくに含まれる栄養。この二つの違いから少しづつ紐解いていきましょう。

すっぽんに含まれる栄養

すっぽんの力で、疲労に負けない体つくり

すっぽんが体に届けてくれる栄養はアミノ酸、鉄、亜鉛、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、EPA、カルシウムなどが含まれます。

注目したいのが、アミノ酸、鉄、亜鉛といった女性には不可欠な栄養です。

アミノ酸はコラーゲンの元となり働いてくれる重要な栄養です。このアミノ酸の存在はにんにくとの最大の違いの一つと言ってもいいくらいです。

年齢と共に衰えを感じ始める肌。その為のコラーゲンサプリやドリンク、食べ物は沢山発売されていますよね。

その元を多く含むのが女性の味方、すっぽんです。

つまり、肌を美しく保つために二つで悩んでいるなら、すっぽんを選んだ方がよいですね。

また、鉄分や亜鉛といった血の元となる栄養も女性には心強い栄養が含まれているのも特徴です。

そして、疲労に働きかけてくれるのがビタミンB群。なかでもすっぽん小町に含まれるビタミンB2は一般的なにんにくの、約14.4倍(100gあたり)もの差が含まれています。

ビタミンB2は体の脂質をエネルギーに変える働きをもっています。髪や爪のトラブル。肌荒れ、口内炎などの症状が現れやすくなります。

また、脂質をエネルギーに変える、逆に言えば変えられないと脂質が体に残ることになります。

 ビタミンB2推奨量(mg)
男性女性
18~29(歳)1.61.2
30~49(歳)1.61.2
50~69(歳)1.51.1
70 以上(歳)1.31.1

それでも、疲れに対してにんにくの存在はどの時代でもおすすめされます。にんにくの内容を見ていきましょう。

にんにくに含まれる栄養

にんにくで疲労に負けない体つくり

にんにくに含まれる栄養の特徴はビタミンBとアリシンの存在です。アミノ酸などすっぽんと同じような栄養も含まれますが、すっぽんの方が圧倒的に優れます。

先にも書いた通りビタミンB群は疲労回復に働いいてくれる非常に重要な栄養です。

一般的なすっぽんとにんにく、二つを比較してビタミンB2の量が多いのはすっぽんになります。

しかしビタミンB2の量は少ないけども、にんにくには非常に優れた成分が存在するんです。

それはにんにくに含まれるビタミンB1とアリシンの存在です。体の糖質をエネルギーに変える働きを持つのがビタミンB1です。ビタミンB1が不足すると、疲れ、倦怠感、動悸、息切れいった症状を感じ始めます

このビタミンB1と一緒に働いてくれるのがアリシンの存在です。アリシンとビタミンB1 が結びつくことで体内に留まりやすくなり疲れに対し効率よく働いてくれます

また、アリシンは他にも素敵な働きをしてくれ、血液が凝固するのを防止してくれる(血栓を作りにくくする)、血糖値の上昇を抑えるなど健康面にも優れた働きをしてくれます。

1日の推奨量は下に表で載せます。一般的なにんにくの平均ビタミンB1 含み量が100gあたり0.19mgと言われます。

 ビタミンB1推奨量(mg)
男性女性
18~29(歳)1.41.1
30~49(歳)1.41.1
50~69(歳)1.31.0
70 以上(歳)1.20.9

厚生労働省:日本人の食事摂取基準(2015年版)

もちろん、にんにくより日常の食べ物でビタミンB1を多く含むものもあります。また、にんにくに含まれるアリシンはネギなどに含まれるので一緒にたべれば同じことです。

しかしそれが現代社会に生きる私たちに、どれだけ大変なことかを表で見てみましょう。

食材ビタミンB1 (100gあたり)
豚肉(ひれ)0.98
あおのり(乾)0.8
豚肉(もも)0.90
豚(ロース)0.69
ひじき(乾)0.36

日常で食べやすそうなものから乗せてみました。豚肉が優れた食べ物なのは分かる反面、毎日100gとってやっと推奨量近くになります。

つまりビタミンB1は中々推奨量届きにくいものなんですね。

にんにくサプリを飲んで疲れにくくなるというのは、そもそも体に必要な栄養が足りていないケースが多いとも言えますね。

すっぽんとにんにく卵黄の口コミからまとめてみます

すっぽん小町やにんにく卵黄。違いは?

最初に書いた通りどちらの方がよいか。とい問いに意味が無いというのは、どちらにも特徴があり、また悩みを抱えている人の違いでもあります。

更に、内容を見てわかる通りそれぞれの長所というものがあり、その内容が合う合わないというのは100人いれば100の答えがあるはずです。

そんな中でも実際に飲んでいる人の口コミから、何故すっぽんに決めたのか。何故にんにくに決めたのか。読んでいくうちに傾向は見えてきます。

すっぽん小町は、30代~50代の女性。または夫婦で飲んでいるといった声が多く見られます。

年齢が上がってきて、忙しい毎日と合わせてくるお肌の衰え。悩んですっぽん小町を手にした。また、育児疲れの疲労が溜まって。と美容と健康の両立を考えて飲んでいる声が非常に多いです。

一方にんにくは、幅広い年齢20代~60代、70代。男性女性問わないのが印象的ですね。

若い人の方が疲労を気にして、年齢が高くなるにつれて健康の言葉が多くあがっていく違いも面白いですね。

二つのどちらが良いのか。を気にしても仕方がないので、自身の目的に合った方を選ぶ。方向で選ぶのが良い方法です。

すっぽん小町

約1ヵ月分1袋/62粒
定期縛り無し
1ヶ月1袋コース2,721円
2カ月2袋コース2,570円
返金保証30日間

公式サイトへ

ニンニクゴーゴー229-55(ニンニクゴーゴー)

約1ヵ月分1袋/62粒
定期購入期間無し
定期初回980円
定期2回目以降1,729円
にんにく生産地青森県産

おすすめのにんにくサプリ 公式サイトへ

人気のにんにく卵黄一覧

にんにく卵黄は多く種類が発売されていますね。どれにするか悩む人も少なくないはず。

安価な商品になるとにんにく、たまごの質なども変わってきますが、下で厳選されたにんにく卵黄を載せています。人気順に載せているので参考にして下さいね。

健康家族 伝統 にんにく卵黄+アマニ

にんにく卵黄
健康家族 伝統 にんにく卵黄+アマニ
 内容量31粒/約1ヵ月分
定期購入(10%OFF)1,243円
1回限りの購入1,382円

公式サイトへ

 

 

タイトルとURLをコピーしました