口臭改善のセルフケアに取り組もう

口臭改善のためのセルフケア

気になる口臭を改善する方法とは

口臭は、多くの人を悩ます困った症状の1つです。とかく現代人の口内環境は悪化する一方で、口内が乾燥してしまう「ドライマウス」を患う人も増加の一途をたどっています。

現在「スメルハラスメント」という言葉もあるほど、口臭があると対人関係にも大きな影響を及ぼし、最終的には日常生活にも支障をきたすことにもなりかねないほどの死活問題となってしまいます。

口臭を自覚していても、なかなか改善できずに人知れず悩む人もいれば、自覚がないまま第3者に口臭を指摘され、大きなショックを受ける人もいます。

そんな厄介な口臭を改善するにはどうしたらいいでしょうか。まずは口臭の原因を振り返りながら、その改善方法をみていきましょう。

口臭の原因

虫歯

口臭の原因の1つにあげられるのが、虫歯の存在です。虫歯が原因で繁殖してしまった雑菌や、虫歯菌に冒された神経から出た膿などが、悪臭を放つことで口臭の原因となってしまいます。

虫歯の治療を怠り放置することで、さらに口臭が悪化してしまいます。

歯周病

虫歯と同じく、口臭の原因の大半を占めると言われているのが、歯周病です。

歯磨きで落としきれなかった食べかすに雑菌が繁殖したり、歯についた歯垢がやがて臭いの原因となります。

30代以上の半数以上の人が患っていると言われる歯周病は、気づかないうちに進行し、口内から悪臭を放つ原因となります。

ドライマウス

多くの現代人が患っているのがドライマウスです。

人間の口内は、乾燥することで雑菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。

通常唾液が分泌されることによって乾燥を防ぎ、雑菌の繁殖を抑える働きをしてくれますが、その唾液の分泌量が低下することにより、ドライマウスを発症してしまいます。

口臭の改善方法

虫歯と歯周病の治療

口臭が気になったらまずは、虫歯と歯周病の有無をチェックする必要があります。

歯科医などで発見されたら、すぐに治療に取り掛かることで口臭の原因の1つを取り除くことができます。

歯磨きとケアの徹底

我流の歯磨きを続けていると、磨き残しや磨き漏れが発生しがちです。

しっかり歯科医で正しい歯磨き方法の指導を受け、実践することが何よりも大事です。歯ブラシだけでなく、デンタルフロスなどを使ったケア方法も効果的です。
その際、舌についた汚れも取るとさらに口臭予防の効果が上がります。

唾液の分泌を促す

口内が乾燥してしまい、ドライマウスになると口臭の原因となってしまいます。

できるだけ唾液の分泌を促すことを意識し、ガムを噛んだり食事の時に噛む回数を多くすることで、唾液の分泌が促されます。

複雑な口臭原因

口臭の原因はたくさんあり、複雑です。胃腸などの内臓疾患が原因で口臭が発生してしまうこともあり、原因を特定することは難しいとも言われます。

ですが、生活習慣の中に口臭の原因が潜んでいることは多く、改善できることを実践するだけでも与える影響は大きく、口臭の改善への1歩となるものばかりです。

口臭が気になり始めたら悩まずに、まずは自分の日常生活の中でできることを実践してみることが何よりも重要です。

関連記事

【徹底比較】女性の口臭予防サプリランキング
第一印象から、日々の生活まで口臭は大敵。お腹の中から口臭サプリでしっかりケアしましょう。 世界的に見ても、日本人と...
かほりのおめぐ実で口臭対策、口コミはホントか利用してみました
口臭で最も大変なのが自分では気が付きにくいということです。周囲からの自分への違和感から気が付いたり、指摘されて気が付...
タイトルとURLをコピーしました