口臭予防の為に小さなことからコツコツ取り組もう

口臭予防の方法とは

口の中(歯磨き、虫歯、歯槽膿漏など)からくる口臭、食べ物が胃に溜まって現れる口臭、腸から現れる口臭。

一言、口臭予防といっても口臭が発生するメカニズムは様々です。

口臭の最大の問題点はその臭いですが、問題で深刻なのが自分では気が付きにくいということです。

周りが不快に感じている原因というのが、自分だけは気が付けないという最悪の事態になってしまいます。

直接声をかけてくれる人であれば、その原因を伝えてくれるかもしれません。一時的に気分を害するかもしれませんが陰口をたたかれるよりよっぽどマシです。

臭いに敏感すぎる社会になってきている感は否めません。

できることから、少しずつ自衛していくように心がけたいですね。

口内が原因の臭いを予防する方法

自分では気づかない口臭。もしかすると臭っているかもしれません。

周囲に指摘される前にしっかり予防しましょう。

口の中から発生する口臭に対する予防の方法はたくさんあります。

・歯を磨く

・むし歯を治す

・水を飲む 、ガムを噛む

非常に単純ですが、効果的な方法です。その方法を詳しく見てみましょう。

水を飲むだけで口臭予防

水を飲むだけで口臭予防になるとご存知ですか?

口の中には一定数の細菌が存在しており、この細菌の量を唾液が調整しています。

口内の唾液の量が減ると、口臭の原因菌が増えてしまいます。結果的に口臭が発生するのです。

水を飲むことで唾液の生成量を増やし、細菌の量を調整することで口臭を予防します。

水は1日に1.2〜1.5ℓほどを小まめに飲むようにするのが唾液の生成に効果的です。

食後にはガムを噛むで口臭予防

ガムを噛むことで唾液の分泌量が増えるので、上記に述べたように口臭予防になります。

また、ガムには香りが付いているため、噛んでいる間は口臭を抑えてくれます。

しかしこのガムの香りによるマスキング効果は一時的なものなので、根本的な改善にはなりません。

ガムを噛んで口臭予防する際には、クロロフィルやフラボノイドといった消臭成分が入ったものを選ぶのがポイントです。

また、砂糖入りのものだとむし歯を引き起こす原因になるので、シュガーレスのものを選びましょう。

歯磨きをしっかりで口臭予防

口臭予防で必ずしないといけないのが歯磨きです。

しかし、食後すぐに歯を磨いてはいけません。食事中は唾液がよく分泌され、自分で口内を清潔にしようとしています。

食後すぐには歯磨きをすると、これを洗い流してしまうことになり、ドライマウスの原因になります。歯磨きは食後30分ほど経過してからするようにしましょう。

歯磨きの際に、舌を磨くのも効果的です。

舌の白い汚れを舌苔といいます。これを落とすことで口臭予防になります。

しかし、舌はデリケートなので強く磨くと細かな傷ができ、細菌に感染しやすくなるので注意しましょう。

正しい歯磨きをして口臭を予防しましょう。

関連記事

【徹底比較】女性の口臭予防サプリランキング
第一印象から、日々の生活まで口臭は大敵。お腹の中から口臭サプリでしっかりケアしましょう。 世界的に見ても、日本人と...
かほりのおめぐ実で口臭対策、口コミはホントか利用してみました
口臭で最も大変なのが自分では気が付きにくいということです。周囲からの自分への違和感から気が付いたり、指摘されて気が付...
タイトルとURLをコピーしました