意外と知らない?かゆみやにおいの原因になる。デリケートゾーンの洗い方

女性のとっても大切なデリケートゾーン

体の他の部位と同じように洗っているけど、それって本当に正しい洗い方なの?

デリケートゾーンの洗い方

臭いや蒸れに痒み、程度の差はあるにしても女性なら一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

陰部(あそこ)、デリケートな場所のはずなのに意外と知らないのが洗い方です。

陰部というのは粘膜で覆われていてデリケートな場所。粘膜にはしっかりと役割を持っていて雑菌などから体内への侵入を防いでくれます。

しかし、粘膜は粘度を持っているので密閉、暑い状況で蒸れが発生して臭いや痒みの原因になってしまうんですね。

ここまでは体の作りなの話なのでで受け止めるしかありません。

そこで重要になってくるのが洗い方です。

  1. しっかりと泡立てる
  2. 前から後ろに、指の腹で軽く洗う
  3. 絶対に強く擦らない
  4. ぬるま湯で洗い流す

順番で見ていくと上のようになります。

その中身、何故?の部分を少しづつ見ていきましょう。

しっかりと泡立てる

しっかりと泡立てた石鹸をデリケートゾーンに乗せて優しく洗っていきます。

何故泡で洗うのか、それは泡はキメが細かな泡であるほど、肌に細部に届くことになり、汚れを落としやすくなります。

さらに、固形石鹸でもボディーソープでも泡立てなく使うよりも摩擦が少なくなり肌への負担が少なくなります。

毎日泡立てるのが面倒な場合は、泡タイプの専用ボディーソープを選択するのもいいですね。

逆に、肌への負担が大きくなるとどうなるのでしょうか。

肌への負担、つまり肌が刺激を受けることでメラニン色素が発生し黒ずみの原因になってしまいます。更にひどい場合は炎症まで引き起こし痒みの原因に繋がることも。

泡で優しく洗うというのは、デリケートゾーンのトラブルから守ってくれる大切なことなんですね。

前から後ろに、指の腹で軽く洗う

後ろから前に優しく洗っていく。女性なら誰しも知っている事ですね。

綺麗に清潔に保つのに、後ろから前に洗ってしまうとお尻から雑菌を運んでしまう場合もあるからですね。

大陰唇周辺を指のお腹でしっかり泡立てた石鹸で軽く洗うだけで十分汚れを落とすことができます。

注意したいのが、臭いや汚れが気になるあまり膣内まで洗ってしまう人がいるということです。

小陰唇から膣内にかけては弱酸性の粘膜で覆われていて、自浄作用を持っています。

そして、重要なのが指の腹で洗うという事。

指のお腹というのは非常に繊細にできていて自分の感覚で強すぎない程度にコントロールすることができます。

ボディータオルなどで洗ってしまうと過度に刺激を生みだしてしまうんですね。

また膣内に関しては、むしろ洗ってしまうと臭い、痒みだけでなく病気を引き起こしてしまう場合もあります。

常在菌や雑菌、言葉だけでイメージすると悪いことばかりするような感じですが、中には体の働きを支えてくれる善玉菌も存在します。

菌を洗い流してしまったことで、膣内環境が悪化してしまい不要な菌が病気の引き金になってしまうんですね。

恥垢などが気になる場合には、弱酸性のボディーソープを活用して小陰唇周辺を指のお腹で軽く洗うようにしましょう。

絶対に強く擦らない

先にも少し書いてしまいましたが、強く擦るというの肌はどの部位でもいいものではありません。

肌の黒ずみの原因や炎症の原因になったりとデメリットばかりです。

わかっているけど、ごしごし擦って洗ってしまう人は少なくないと思います。

ここはぐっとこらえて先の方法、指のお腹で綺麗に洗ってケアするようにしましょう。

ぬるま湯で洗い流す

暑い熱湯でざーっと洗い流すのはとても気持ちの良いものですね。

ただそれは肌に過剰な刺激を感じて爽快感が生まれているという事を覚えておきましょう。

爽快感は失われますが肌の黒ずみや炎症から守る為にはぬるま湯で洗い流すようにしたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました