【飲む日焼け止め】国産、海外産どっちがいいの?

国産と海外製の飲む日焼け止めの違いとは

元々は海外では飲む日焼け止めを海外セレブが当たり前のように飲んでいる。

そんな情報がきっかけで日本でも飲む日焼け止めの人気に火が付きました。そして、続々と新商品が発表されているのが国産飲む日焼け止めです。

元々の人気は海外から。そして日本人に向けた国産の飲む日焼け止め。その違いを見ていきましょう。

どっちがいいの?国産、海外製、飲む日焼け止め比較

国産、海外産と数多くの飲む日焼け止め、サプリメント。

当たり前と言えば当たり前ですが飲む日焼け止め仕組みや考え方は同じもです。大枠で言って違いは工場や生産国など、信頼感や安全性などが最も大きな違いですね。

また、もう一点が効果が表れるまでの時間や持続時間が国産のサプリメントはバリエーションが多く、海外製は効果が表れるまでの時間が短く効果も短いのが特徴です。

飲む日焼け止めのランキングでも詳しく説明しているのでどれがいいか悩んでいるなら参考にしていたければ幸いです。

海外製の飲む日焼け止め

国産サプリを見る前に、海外製の飲む日焼け止めの特徴を見てみましょう。

海外製の飲む日焼け止めと言えばヘリオケアです。TV番組で紹介されて以来人気が爆発。飲む日焼け止めサプリを知るきっかけになった人も少なくないと思います。

ヘリオケアの特徴は、効果が表れるまでの時間が短く(飲んで30分程度)効果の持続時間が短いという点です(3~4時間)

1日中紫外線ケアが必要な場合は、塗る日焼け止めと同じような使い方なので効果が切れる前に再度飲む必要があります。

ヘリオケアの種類と成分とは

ヘリオケアは独自の特許成分のファーンブロックを使用しているのが特徴です。シダから抽出したエキスで活性酸素を抑制することを目的としています。

日本では最近になって有名なりましたが、海外では数十年前から利用されているのも特徴です。皮膚科学会での研究結果や長い間利用者から支持を経ていることからも信頼度を伺い知ることが出来ますね。

また、ヘリオケアは世界中で販売されている商品なので地域によって名前が異なる点に注意です。

  • ヘリオケア ウルトラD(スペイン、フランスなど)
  • ヘリオケア アンチオキシダント(アメリカ、カナダなど)
  • ヘリオケア ピュアホワイトラディアンスマックス240(日本、中国など)

中でもアジア向けのピュアホワイトラディアンスマックスは肌のターンオーバーを促進させるL-システィンが含まれ単純な紫外線対策だけでなく美肌に働きかける成分を含むのが特徴です。

唯一注意したいのはアジア向けのヘリオケアは製造されているのが中国になります。

中国が悪いという訳ではありませんが、国内で作られている飲む日焼け止めはGMP工場など品質・安全が保障された工場での製造がほとんどで基準を満たしている商品です。

しかし、海外での生産の場合どんな環境で作られているか不明。そのことは強く意識しておいた方が賢明ですね。

 

色々とややこしい海外製品のヘリオケア

先に書いた通りヘリオケアにはいくつかの種類が存在ます。

国内で販売されているアジア向けのヘリオケアピュアホワイトは海外製ですが国内の代理店が販売している商品で出所がしっかりしている商品の為安心です。

しかし、楽天などで販売されているヘリオケアウルトラDなどは注意が必要です。

ネットで購入

正規品と書いてあるものの国内で正式に販売されていない商品のなので海外から輸入した商品になると思います。メーカーや正式な代理店から購入しているわけではないので最悪何かがあった場合に保証が受けれるかなど不明です。もっと言えば本物かどうかもわからないんですね。

しかし、魅力なのが値段です。国産のサプリに比べればそれでも高いものの、手ごろな価格で購入できます。

リスクと金額を天秤にかけて慎重に選ぶようにしましょう。

美容皮膚科で処方

また、おすすめの購入方法はは美容皮膚科で処方してもらうのが一番良い形になります。

ヘリオケア使い方の説明を教えてもらえたり、商品の出所がきちんとしているからです。

但し、必ずしも取り扱いがある美容皮膚科ばかりでないので購入を考えているなら電話確認しておいた方がよいでしょう。

国産、飲む日焼け止め

次に国産の飲む日焼け止めを見ていきましょう。

海外製の商品が効果が表れるまで早く、また効果が切れるのが遅いといった特徴に比べ国産の商品は幅広く用意されています。

  1. 効果が表れれるのが遅いけど、紫外線からのダメージの軽減が多い24時間持続するタイプ
  2. 効果が表れるまでやや時間がかかるけど、紫外線からのダメージの軽減が少ない24時間持続するタイプ
  3. 効果が表れるまで短いけど効果が切れるのも早いタイプ

このようにバリエーションが豊富なのが特徴です。

飲む日焼け止めにタイプがあるのは、紫外線ケアに働いてれる成分の違いといってもいいでしょう。

効果が表れれるのが遅いけど、紫外線からのダメージの軽減が多い24時間持続するタイプ

国産の飲む日焼け止めで主流になっているのはこのタイプです。

兎に角飲んでしまえば、ニュートロックスサンというシトラスとローズマリーから抽出したポリフェノールが体の中に発生する活性酸素に働きかけるため非常に使い勝手のよいサプリメントと言えるでしょう。

代表的なサプリがホワイトヴェールやインナーパラソル16200になります。

効果が表れるまでやや時間がかかるけど、紫外線からのダメージの軽減が少ない24時間持続するタイプ

飲み始めて約15日程で効果の期待値の最大に到達するのがこのタイプです。

オレンジコンプレックス(3種のオレンジからポリフェノールを抽出した成分)やパインセラ(パイナップルから抽出した成分)と呼ばれる成分を含みます。

代表的なサプリがメディパラソルややかないサプリになります。

効果が表れるまで短いけど効果が切れるのも早いタイプ

ヘリオケアと同じ国産サプリでも同じように作っている飲む日焼け止めがあります。

ヘリオケア同様シダから抽出したエキスを利用しているのが特徴です。

代表的なサプリがnoUVになります。

国産、外国製の飲む日焼け止め、結局どっちがいいの?

体内に含むサプリメントなので安心と安全は避けて通れないところです。

海外製が悪いといった事はありませんし、実際事故が起きていればニュースにも上がってくる筈です。

海外製品だから悪いものなんて言うつもりはありません。でも、それはしっかり販売しているところでの話です。

上にも書いた通り出所がはっきりしていないもはそもそも本物か偽物かなんてところから疑う必要があるからです。

やっぱり国産サプリメントの方がお勧めですね。

日焼け止めとプラスアルファの美肌成分。飲み続けることで紫外線耐性を蓄積していきます。

それとやはり値段は大きく魅力ですよね。

ホワイトヴェールとヘリオケアを比べても月々2,000円程変わってきます。

ヘリオケアを購入するなら美容皮膚科での購入、ネットの場合は値段に惑わされずしっかり実績がある販売店での購入をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました