女性の肌にビタミンC。その力と働きは?

女性の肌へいろんな働きをしてくれる、ビタミンC。

  • シミ改善
  • シワ改善
  • ニキビ改善

アンチエイジングや日焼けで疲れた肌の手助けをしてくれます。

ビタミンCの摂取方法はさまざま

  • 食べ物からの摂取
  • サプリメントからの体内への摂取
  • ドリンクからの摂取
  • 化粧品からの外部からの摂取

いろいんろな方法がありますね。

ビタミンCのちから

ビタミンCを効率よく摂取する為に

ビタミンC、なんとなく肌によさそう。といった思いはあるんじゃないかなと思います。

それは、正しいんですよ。

ビタミンCが肌や体にもたらす働きは非常に頼もしいんです。

  • シミの原因のメラニン色素の生成を抑える
  • 肌に発生した活性酸素を取り除く
  • コラーゲンの合成を助け、ハリを取り戻す

年齢を重ねる事で気になり始めるシミやシワ、日焼け、紫外線を浴びることで発生するシミ。

女性が気になる肌の悩みを正面から受け止めてくれるのがビタミンCの働きという訳です。

しかし、ビタミンCには大きな問題が。

実はビタミンCは空気に触れると壊れてしまい肌の表面でその力を失ってしまうんです。

もっともポピュラーな摂取方法は食べて摂取する方法でしょう。

ビタミンCの必要摂取量は?

ビタミンCは年齢に応じて必要な最低量が設けられています。

細かくは厚生労働省が発表している指針を引用してます。

摂取推奨量なので、あくまで生きていくのに必要な数値が載っています。

肌への働きかけを期待する場合は、約1,000㎎程必要と言われます。

ビタミンCの必要摂取量は、年齢によって異なります。下表に1日の平均摂取推奨量を、ミリグラム(mg)で示します。

ライフステージ摂取推奨量
生後6カ月40 mg
幼児7-12カ月50 mg
小児1-3歳15 mg
小児4-8歳25 mg
小児 9-13歳45 mg
10歳代14-18歳:(男子)75 mg
10歳代14-18歳:(女子)65 mg
成人(男性)90 mg
成人(女性)75 mg
10代の妊婦80 mg
妊婦85 mg
10代の授乳婦115 mg
授乳婦120 mg

引用:厚生労働省「総合医療」情報発信サイト

ビタミンCを多く含む食べ物

実際に1,000㎎のビタミンCを摂取しようとすると簡単な話ではないんですね。

さらにビタミンCは体内に溜め込むことができず、毎日摂取する必要があるんです。

できることなら三食バランスよく摂取することが望ましいです。

代表的なビタミンCの食べ物100g当たりの含有量

  • アセロラ 約1700mg
  • ゆず(果皮) 約150mg
  • パセリ 約120mg
  • レモン(全果) 約100mg
  • ケール 約80mg
  • ピーマン 約76mg
  • 柿 約70mg
  • キウイフルーツ 約69mg

 

 

タイトルとURLをコピーしました