赤ニキビの原因をしって、しっかり予防

大人になってからのニキビ、大人ニキビ。

大人ニキビの厄介な所は治ったと思っても何度も繰り返すところにあるんですね。

そんなニキビが炎症した姿が赤ニキビです。

  1. 白ニキビ
  2. 黒ニキビ
  3. 赤ニキビ
  4. 黄ニキビ

ニキビのでき始め、毛穴詰まりが発生始めたのが白ニキビ

ニキビは段々と変化を遂げて最終的には膿が溜まってしまった状態、黄ニキビになります。

最終的には紫ニキビと言われる、ニキビというよりはニキビ跡になって肌の悩みを深めてしまいます。

赤ニキビ

その段階の中でも厄介な赤ニキビ。

肌が赤く気が付いた時には痛みを発し始めていることが多いです。

これは、ニキビ(肌)がアクネ菌などの増殖によって炎症してしまっている状態なんですね。

赤ニキビの原因は

赤ニキビまで発展してしまったニキビはそう簡単には治りません。

また、ニキビだからと言って我慢して潰してしまえば肌に致命的なダメージを与えニキビ跡になってしまうケースも。

痛みを伴う赤ニキビにまでなってしまっていたら、医療機関(皮膚科等)での治療がもっとも適切です。

さらに、赤ニキビをほったらかしにしておくと黄ニキビへと症状が進みます。

黄ニキビは菌と白血球が戦いを終えた死骸、膿が溜まっている状態です。

そして、ニキビはほったらかしにしておいても治ります。

ただし、ニキビ跡など女性にとっては(男性にとってもかな)致命的な姿になってしまうのが問題なんですね。

赤ニキビを作らない為に

赤ニキビを作り出さないというのが大切なんです。

ニキビケアで最初に切り出されるのが生活習慣の改善です。

  • バランスの良い食事を
  • 適切な睡眠を
  • ストレスと上手に付き合う

簡単に言ってくれるけど、まさに「言うは易し、行うは難し。」ですよね。

確かに「諦めてしまったら、そこで終了。」と偉い人?が言ってたように投げ出すわけにはいかないのも事実です。

だけど現代社会を生き抜く女性にすべてをこなすのは困難すぎです。(私の場合)

ここで重要なのは、生活習慣の見直しはとても重要、自分にできることから改善しつつニキビの仕組みをしって予防を心がけることです。

洗顔

日常的にもっとも簡単で、効果的なのが洗顔ですね。

といっても、洗顔を多くすればいい訳ではありません。

洗顔のしすぎはニキビケアどころかニキビの原因の一つに繋がっちゃいます。

本来、肌を守ってくれるはずの皮脂。

洗顔のしすぎによって洗い流された皮脂で、肌はカラカラに。

肌の皮脂を補うために過剰分泌されてしまいます。

だからといって洗顔をしないでいい訳ではありません。

不要な皮脂を洗い流すのもニキビ予防です。

そのため洗顔は朝と夜。2回で十分なんですね。

化粧品

アクネ菌。ニキビケアで必ず上がってくる、炎症の元となる菌ですね。

皮脂をエサとするアクネ菌。実は油も同様にエサとなってしまうんです。

化粧品にも油は含まれています。

折角良い化粧品を利用しても、それが原因でニキビができてしまっては悲しすぎますよね。

ニキビが目立ってできる間はできるだけ油分が多いものは避けます。

また、肌への刺激もニキビの原因です。

自分ではあっていると思っている化粧品も、実は肌に合ってなくてニキビの原因になっているケースは多くあります。

ニキビが気になっている間は一旦使用している化粧品を辞める、頻度を落とすなどして工夫するとよいでしょう。

ノンコメドジェニック、ハイポコメドジェニックといったニキビができにくい特徴を持っている化粧品を利用するのがよいでしょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました