飲む日焼け止め、雪肌ドロップの評判や口コミは


雪肌ドロップ、飲む日焼け止め

ここ数年人気急上昇の、飲む日焼け止め。

体の内部より紫外線ダメージをブロックしてくれるのが雪肌ドロップです。

雪肌ドロップの主成分ニュートロックスサン。スペインの大学で生まれたこの成分。

スペインの南産シトラス果実とローズマリー葉から抽出したポリフェノールを使っているんです。

そして、実に約60%もの紫外線ダメージをブロックしてくれるといった実験結果が出ているんです。

日焼け止めクリームだけではフォローしきれなかった体への紫外線ダメージを、体の内部よりケアしてくれるのが雪肌ドロップなんですよ。

飲む日焼け止め、雪肌ドロップ

雪肌ドロップ
雪肌ドロップ
1袋60粒入り 約一か月分
定期購入 初回:1,980円(税込)送料無料
2回目以降:6,480円(税込)送料無料
通常購入 1袋:7,900円(税込)

 

>>紫外線なんかに負けない、飲む日焼け止めランキング<<

雪肌ドロップの人気の秘密は

日焼け止めには二つの意味があるんですね。

  • 紫外線を浴びてできる、黒肌・赤肌への日焼けを食い止める

UV-Bの紫外線を浴びたときにできるサンバーンと言われる炎症。

紫外線の強い日に、浴びてできる黒い肌、赤い肌へ。連休明けに「焼けたねー。」と言われるあれですね。

  • 紫外線(UV-A)を浴びて肌へ蓄積する未来への老化の原因を食い止める

UV-Aの紫外線を浴びても見た目には分かりにくいんです。

見た目には分かりにくいからこそ恐ろしい、肌の奥深くに蓄積していく紫外線のダメージ。

年齢を重ねてシワやシミとしてあらわれます。

この二つを防ぐのが女性の肌に優しくない紫外線を防止。日焼け止めを行う理由なんです。

日焼け止めをサポートしてくれる?飲む日焼け止め

飲む日焼け止めはクリームや乳液と大きく違うのは、肌の内側・体の中より紫外線に働きかけを行ってくれます。

紫外線、日焼け止めクリームの特徴は紫外線を吸収、紫外線を拡散・弾く、肌に浴びない事を目的としているんです。

でも、日焼け止めクリームには誰でも感じたことのあるいくつかの弱点があるんですね。

  • 日焼け止めクリームの持続時間。
  • 汗で流れ落ちてしまう。
  • 一日の最後にしっかり洗い流さないと肌にダメージ。

特にいつ効果が切れたか全くわからない人は多いのではないのでしょうか?見た目は何も変わらないですからね。

持続時間はSPFによっても大きく変わるのですが、基本的には数時間で塗り直しが必要なんですね。

だけども、外出時などはいつでもどこでも日焼け止めを塗れる状況には無いですよね。

だからこそ、飲む日焼け止めの出番という訳なんです。

雪肌ドロップの特徴は

海外セレブの間ではもはや常識になっている飲む日焼け止め。

浴びてしまった紫外線ダメージが原因となるシミやシワに負けない体を作ってくれます。

一度飲めばその成分が体から抜けきらない限りは効果は持続します。

そして、毎日持続して飲むことでその成分は体に蓄積していくのでより多くの紫外線より肌を守ってくれます。

主成分のニューとロックサンのテストで85日間飲み続けて約60%の紫外線を防いだ結果が出ています。

約60%の紫外線をカット。この数字を多いと思うか少ないと思うか。

判断が難しいですよね。

気象庁発表の2014年/沖縄・那覇(月平均)の紫外線量を数値化した奇数月の表を見ていきましょう。

1月 3月 5月 7月 9月 11月
2014年 3.9 5.3 7.0 10.9 9.0 4.6

もっとも紫外線の多い月が7月(10.9)ですね。イメージ通りではないでしょうか。

これを10.9の数値を60%カットしてみると・・・

10.9x.0.8=6.54。大体3月の平均(5.3)から4月の平均(6.8)の間位の数値になりました。

3月の日焼けで肌が真っ赤になってしまった話はあまり聞きませんよね。

飲む日焼け止めのメリットはそういう事なんです。

これに日焼け止めクリームを合わせることで、内外での紫外線から肌を守るんです。

雪肌ドロップの主成分ニュートロックスサン

その力の秘密は、NutroxSun(R)。太陽と情熱の国、スペインで生まれたこの技術こそが紫外線を受けてダメージを受ける前にしっかりと肌を守ってくれるんです。

紫外線を体の中から、雪肌ドロップ

紫外線を浴びることで体内に発生する活性酸素。

活性酸素が肌に傷をつけることでシミ・しわの原因に。これが積み重なることで私たちの体に何が起きるのかというと・・。

それが老化なんです。

積み重なるというのが曲者なんですよ。肌が焼けて赤くなった皮がめくれた、若い頃はいいんです。しかし、そのツケが現れてくるのは30代になって40代になってなんです。

そこで、飲む日焼け止めで体の内部からもケア。

日焼け止め、そして体を抗酸化、肌を守る為に摂取するんですね。

雪肌ドロップは日焼け止めだけじゃない!の肌への美成分も

植物、植物由来の成分ボタニカル素材。雪肌を作る働きを存分に引き出してくれる成分もたくさん含まれています。

これらの成分で紫外線を浴びると体内で作られる活性酸素に負けない体作りが実現します。

ザクロエキスパウダー

ザクロ

「女性の果実」そんな異名を持つザクロ。女性ホルモンの一種「エストロン」が含まれ美肌、胸にハリをそして自律神経の働きの改善に努めてくれます。

植物プラセンタ

meron
メロン由来の植物プラセンタ。アミノ酸、ミネラル、ビタミンが肌をケア。なにより動物プラセンタと違いホルモンのリスクがないので女性の体に優しいのです。

トマトパウダー

tomato

美肌を整えるリコピンを豊富に含むトマト。シミの原因「メラニン」を抑制する老化防止の強い味方。手軽に接種できる食材ですが摂取できる量に限度はあります。サプリメントで効率よく摂取します。

リンゴベリー抽出エキス

berry

「メラニン」をしっかり抑制してくれます。紫外線に強い抵抗力を持っているリンゴベリー。ビタミンEが豊富なのも特徴です。

マリーゴールドエキス

flower

ハーブの一種でローションやリンスでも活躍していますね。古代エジプトでは「若返りの妙薬」の名前も。

何より飲む日焼け止めで非常に有効なのが、マリーゴールドに含まれる「ルティン」ですね。

目の中の水晶体、黄斑部。ここにルティンがたくさん集まっているんです。

青色光(ブルーライト)の吸収、活性酸素から守ってくれるのがルティンの役割なんです。

特に目は紫外線防止の為にできることが限られ、逆に考えると紫外線のダメージをいつも受けているといえますね。

非常に重要なのがルティンの働きなんです。

 

雪肌ドロップはこどもに飲ませても大丈夫?

雪肌ドロップの推奨年齢は5歳からです。

自然由来の成分なので、飲んでも大丈夫と言われていますがこどもの場合はアレルギーやお腹がゆるくなるなど成分の効果がより多くでてしまうので体がある程度作られてきてからが良いといった判断だと思います。

また、カニ・エビの成分が入っているので、こどもでなくともアレルギーを持っている人はやめておいた方がよいですね。

雪肌ドロップの残念(だった)点

雪肌ドロップの悪い点は、その効果よりも定期購入場合、購入期間が長いといった点ですね。

飲む日焼け止めで利用されているニュートロックスサンは飲み続ける事でその効果を多く感じられるようになります。

元々6カ月といった長い時間定期縛りが設けられていて、購入しずらいといった弱点がありました。

だけども、定期縛りが撤廃され何時でも解約可能になりました。

それだけでも求めやすくなったはうれしいですね。

雪肌ドロップのみんなの評判、口コミは

30代女性

子供の部活への付き添い、日差しの強い中いくらクリームや日傘でケアしているつもりでも気が付いたら肌が焼けていました。この商品を飲み始めて症状が薄らいだ感じです。

20代男性

私は自転車が趣味なんですけど毎回、日焼け止めクリームを塗って出かけるのが面倒だったので購入してみました。しばらくはクリームと併用していたんですが自転車乗ってる以上全身を日焼けから守るのは無理なので飲む日焼け止めだけにしました。ひどいときは真っ赤に顔がなっていたんですが赤くなる度合いが随分減りました。

雪肌ドロップの気になる価格は

雪肌ドロップ
雪肌ドロップ
1袋60粒入り 約一か月分
定期購入 初回:1,980円(税込)送料無料
2回目以降:6,480円(税込)送料無料
通常購入 1袋:7,900円(税込)

 

関連記事

【徹底比較!】どれがオススメ?飲む日焼け止めサプリ
2016年には片手で足りる程度の数しか販売されていなかった飲む日焼け止め。2017年には両手でも足りないくらいの新商品販売が始まりました。選択が増えるのは嬉しいことですが、選ぶものが増えるというのは選ぶ悩...
飲む日焼け止め、ホワイトヴェール(WHITE VEIL)を飲んでみました。
紫外線の強い季節に飲む日焼け止め、ホワイトヴェール(WHITE VEIL)。日焼け止めクリーム、BBクリームなど紫外線を防いでくれる商品は沢山あるんですが、最大の弱点が・・。体全体に塗らなければ意味がない・・...
インナーパラソル16200。飲む日焼け止めサプリ、飲んで試してみました。
飲んでますか?飲む日焼け止め。日焼け止めクリームや帽子では防ぎきれない紫外線。女性にとっての大切な肌。黒く焼ける、肌が赤くなって痛い、シミやたるみの原因を作り出す。すべての原因は紫外線を浴びること...

      2017/06/19

 - 飲む日焼け止め ,