女子肌

日焼け、ニキビ、黒ずみ、アンチエイジング。女性の肌、悩みと向き合う。

【徹底比較!】どれがオススメ?飲む日焼け止めサプリ


飲む日焼け止めサプリ徹底比較

2016年には片手で足りる程度の数しか販売されていなかった飲む日焼け止め。2017年には両手でも足りないくらいの新商品販売が始まりました。

選択が増えるのは嬉しいことですが、選ぶものが増えるというのは選ぶ悩みが増える。それはそれで困ったものです。

塗る日焼け止めと違い、飲む日焼け止めに含まれる成分は各商品全然違うものになります。

大きく分けると3つの特徴に分けることができるので、自分に必要なものはどれかをしっかり考えて選ぶのが良いでしょう。

  • 紫外線保護の持続時間(24時持続または4~6時間)
  • 美容に働きかける成分の有無
  • 美白に働きかける成分の有無

飲む日焼け止めの最大のメリットは、「飲むだけでいい」ことです。日々の塗る日焼け止めや化粧などと違いさっと飲むことでケアできる単純だけどすごい事なんですね。

折角サプリメントを飲むなら、美容成分も一緒に取りたい。美白サプリでケアしたい。逆も同じです、とにかく紫外線保護だけしたい。求める内容は人それぞれです。

口コミや評判、ランキングで選ばれているというのは利用している人が多い、実績があるので間違えにくいといったメリットがありますが、必ずしも自分の目的に合ったもにならない場合もあります。

女子肌.comでは沢山の飲む日焼け止めを試して載せています。おすすめできないものは載せていませんのでしっかり選んでみてください。

まずは現在の紫外線の状況を気象庁が発表しているデータを元に見てみることにします。

現在の紫外線、UVインデックスを見てみましょう。

紫外線の12月状況

UVインデックスの説明

出典:気象庁

国際基準に従って気象庁が発表しているUVインデックスです。日本の真ん中つくばでの観測データをもとに見てみましょう。

12月はほぼ気にする必要がないような紫外線状況。殆どの人が紫外線対策の事を忘れてしまう季節ですね。

つくばで見ると気にする必要はありませんが、南九州、沖縄は日中でも中程度の紫外線が発生しています。

1月よりじわーっと気を付けたい紫外線になってきます。

そして2月、ほとんどの人がまだ紫外線を気にしていない段階から強くなっていきます。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと違い、効果が表れるまで一定の時間を必要とするので実は飲む日焼け止めを始めるには最適な季節になります。

ランキング上位に入っているのは、その成分の内容をしっかり吟味してコストパフォーマンスが高い商品に人気が集まっています。

例えば1位のホワイトヴェールは紫外線保護と美容に働きかけ値段もお手頃と非常に高いコストパフォーマンス。しかし、男性で美容にこだわりがなければ2位のインナーパラソルを選ぶのが賢いです。

単純にランキングだけに惑わされず自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ホワイトヴェール

太陽に負けないサプリ。ホワイトヴェール
WHITE VEIL ホワイトヴェール
1袋60粒入り 約一か月分
定期購入 初回:980円
2回目以降:4,980円(税込)+送料無料

※定期購入縛り無し

主な成分 ニューロックスサン
持続時間 24時間
1日あたり 約166円
返金保証 90日間

2016年1番に輝いたホワイトヴェール。2017年4月に発売よりたったの1年でパワーアップ、リニューアル。それ程激戦の飲む日焼け止め、美と紫外線と価格のバランスが評価され堂々の1位です。

 

ホワイトヴェールを女子肌編集部が徹底比較

2016年の絶対王者、ホワイトヴェール。2017年も続いて堂々の1位です。
バランスの良さ。それがホワイトヴェールの人気でしょう。紫外線にニュートロックスサン。目の紫外線にルティン、そしてリコピン。更に女性の体に不足がちなビタミンCなどを含み紫外線と肌を多角的な視点で作られているのが分かります。また、毎月2袋コース利用の場合3,980円と大幅割引。家族などでの利用でも使いやすいですね。20代~50代と幅広い世代に支持を受けて堂々の首位を獲得しました。

ホワイトヴェールのみんなの口コミ

肌が荒れて日焼け止めクリームが使えない ★★★★★

手放せないサプリです!!肌が荒れやすくて、合わない日やけどめだとすぐにプツプツができたりします。肌が荒れると人に合うのがつらい。WHITEVEILは内側からUVケアできる!というおとで、恐る恐る(笑)使ってみたのですが、肌が荒れることもなく!!植物性由来成分というのも安心でした。これから使います。

ジョギング好きな私にに心強い味方 ★★★★★

ジョギングにはまって1年中走ってます!!一応、汗でも落ちない日焼け止めを塗ってから走るんですけど汗が変なする(笑)!ので、多分少しは落ちている気が・・・。今はWHITE VEILを飲んでいるので気にしないでガンガン走っています。WHITE VEIL最高ー!!

 

インナーパラソル

インナーパラソル16200forUV
インナーパラソル16200
定期購入(月/1袋) 5,600円(税抜) 20%OFF
定期購入(月/2袋) 10,500円(税抜) 25%OFF
定期購入(月/3袋) 14,700円(税抜) 30%OFF
通常購入 7,000円(税抜)

定期購入は最低3回の購入が条件になります。
送料はクレジットカード払いで送料無料

主な成分  ニュートロックスサン
持続時間 24時間
1日あたり 約186円
返金保証 なし

圧倒的な成分量を誇るのがインナーパラソル。しっかりと成分”量”を公表しているのが自信の表れですね。紫外線、美容成分などは圧倒的です。

毎月先着500名、初回限定990円。少しでも安く購入したい人にお得なキャンペーン実地中です!!

インナーパラソル。初回990円

この画像が公式サイト上部に出ていれば990円

 

インナーパラソル16200を女子肌編集部が徹底比較

インナーパラソルはニュートロックスサンの臨床試験通りの量250㎎を含んでいる唯一のサプリです。更にそれだけではなくパイナップル成分も含むワンランク上の飲む日焼け止めです。1位のホワイトヴェールとパイナップルいいところを贅沢にまとめたのがインナーパラソル。成分量が豊富なため若干値段が上がりますがニュートロックスサンの含量で計算すると最もコスパがいいんです。紫外線にこだわる25歳以上の男女に人気です。

 

ホワイトヴェールとインナーパラソル16200を比較してみました
当たり前になってきた、飲む日焼け止め。ホワイトヴェールとインナーパラソル。どちらも主な成分としてニュートロックスサンを使用している人気の飲む日焼け止めです。ただ、違いが分からない。パッと見ると値段...

ホワイトショット

ホワイトショット インナーロック 60粒1ヶ月分
販売価格 6,696円(税抜)送料無料

主な成分  ブランノール 他
持続時間 24時間
1日あたり 約223円
返金保証 なし 

超1流のブランド力。それを支えるのはしっかりした技術と品質。インナーロックはブランノールやメロングリソディンといった他の商品とは違う独自の技術にこだわりを見せた一品です。

 

ホワイトショットインナーロックを女子肌編集部が徹底比較

ポーラから発売されている美白コスメシリーズのホワイトショット。コスメで既に使用している人もいるのではないでしょうか。飲む日焼け止めサプリの中では珍しい独自で開発した成分で作られているのが特徴ですね。内側からケア、それは紫外線だけではなく美白を追求したPOLAならではのサプリ。30代以降の女性から大きな支持を得ています。

 

やかないサプリ

やかないサプリ
日焼止めサプリ「やかないサプリ」
1袋30粒入り 約1か月分
定期初回購入 970円(税込)+送料無料
定期2回目以降、WEB限定価格20%OFF 2,453円(税込)+送料無料
通常購入 2,760円(税込)+送料無料  

※定期縛り無し

主な成分 パイナップル由来
持続時間 24時間
1日あたり 約95円 
返金保証 なし

やかないサプリは値段の安さ、主に10代~20代に人気ですね。美容成分などがあまり入っていない分、安く購入しやすいです。また公式サイトがかなり挑戦的な作りになっているので見てみるだけでも面白いです。

 

やかないサプリを女子肌編集部が徹底比較

やかないサプリはとにかくパイナップルの力です。南国生まれのパイナップルはそれだけで美肌、紫外線対策の成分が豊富に含まれているんですね。そして、ヘリオケアと同じくシダから抽出したエキスを利用。更に、他の商品と比べて価格が安い。初めて飲む日焼け止めを使ってみるのに躊躇していう人は、まず「やかないサプリ」から始めてみるのもいいかもしれませんね。

 

ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス
販売価格 10,584円
  • 国内正規販売
主な成分 シダ成分
持続時間 4~6時間
1日あたり 約352円
返金保証 なし

値段が高いその一言に尽きますね。ライバル商品がいなかった頃は選択の余地なくヘリオケアを選択していた人もコスパに優れる国産サプリに乗り換え始を考えるべきですね。

 

ヘリオケアを女子肌編集部が徹底比較

飲む日焼け止めの認知はヘリオケアから始まったと言っても過言ではないでしょう。アメリカでの20年以上の実績と、日本の美容皮膚科でも取り扱いがある実績高い商品です。しかし、値段の高さ、1回分が数時間しか持たななどコストパフォーマンスは最悪。飲む日焼け止めがヘリオケア”しか”ない状態であれば優れた商品でしたが、やはり打倒ヘリオケアで作られた国産サプリの前では厳しい形になりました。

 

出典:NEJM

有名な写真ですね。28年間トラックの運転手をしていた男性の一枚です。

こうなってしまったの原因はトラックの運転。顔半分は窓側で常に紫外線を浴び続け、もう半分は車内に向いているので紫外線の影響が少なく年齢相応の顔になっています。

重要なのは紫外線を浴び続けた結果という事。浴び続けると体内に活性酸素が蓄積され続け年と共にダメージが現れます

紫外線の肌への影響がもっとも分かりやすく。恐ろしい写真ですよね。

紫外線は、今日肌が黒くなる、赤くなるというのも十分怖いのですが、それよりも蓄積していく肌ダメージで未来の自分が傷んでいくのがホントに恐ろしいんです。

紫外線から始まる隠れシミ

参考:シミ・そばかすに効く医薬品ホワイピュア公式サイト

紫外線から始まるのは、目に見えるものだけではありません。

先に書いた通り、隠れて肌に現れるその日が何よりも怖いんですね。

写真を見ても分かる通り、20代の女性で表面に見えているシミは殆ど無いのに肌を調べてみればシミの元が隠れているのが分かりますね。

この原因の多くが紫外線から始まっている。紫外線対策不足といえます。

日焼けや紫外線に限った話ではありませんが、事が起きてからケアを始めても取り戻すの非常に大変です。

だから先に先にケアしていくことが重要という訳なんです。

それでも紫外線を浴びなければ体に悪い

紫外線からのシミ、しわ、光老化を体の中から守ってくれる飲む日焼け止め。

目に見える日焼けで肌が真っ赤に。目に見えない日焼けが肌へ蓄積。

年月を重ねると光老化として肌に現れます。それがシミ、たるみの原因なんです。

だけど、紫外線を浴びることで体内に作られる重要な成分のビタミンD。

骨の形成など体には絶対不可欠なビタミンD。特に未成年の場合、発育の問題を引き起こすとっても大切なもの。

そして、病気。風邪、生活習慣など免疫にかかわるとっても重要な成分です。

紫外線を浴びないと体に悪い。でも、浴びすぎるとお肌に悪い。

日焼け止めクリームやジェルは便利だけど、紫外線を防ぎ過ぎてしまう(ビタミンDの生成を妨げる)

実は日焼け、紫外線対策って非常に難しい問題なんですね。

だから、飲み続ける事で女性の大切な肌を紫外線からサポートしてくれる飲む日焼け止めが注目を浴びているんですね。

紫外線が体に与える良い影響と悪い影響を説明しましたが、では飲む日焼け止めのメリットとデメリットってなんでしょうか。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めのメリットを考えて最も最初に思いつくのが楽ちんということでしょう。(シダ系の飲む日焼け止めを除く)

塗る日焼け止めとの比較になってしまいますが、塗る日焼け止めで紫外線対策するときの最大のデメリットは手間が掛かるというところです。

通常、2~3時間しか効果が持続しない塗る日焼け止め。1日外に出て活動する場合は単純計算で3~4回は塗りなおす必要があります。

更に日焼けしたくないところにすべて塗る必要があるので、全身をケアするのはあまり現実的とはいえません。

飲む日焼け止めは、飲んでしまえば24時間効果が持続し見えている肌だけでなく頭皮や目までケアできる事が最大のメリットと言えるでしょう

また、紫外線は強弱あるものの年中降り注いでいるものです。それが分かっていてても真冬に中々塗る日焼け止めを塗ろうという気にはなりませんよね。

飲む日焼け止めをきちんと飲み続けることで、1年中ケアできる。持続するケア。それが飲む日焼け止めの力なんです。

飲む日焼け止めのデメリット

紫外線のすべてをケアできるわけではないことは覚えておきましょう。

飲む日焼け止めの成分で異なる部分はありますが、臨床実験結果を公表しています。例えば国産の飲む日焼け止めで採用されているニュートロックスサンは85日間飲み続けて約60%をカットしてくれると結果がでています。

つまり、4割は紫外線を浴びてしまう事になります。

紫外線が気になる季節の6~9月、特に10~14時付近は紫外線が強い時間帯になります。この時間帯に外で活動する場合は塗る日焼け止めと併用することで肌を守ったほうが良いでしょう。

ちなみにヘリオケアやnoUVなどシダ系の飲み日焼け止めは効果が表れ始めるまでの時間は短いですが、効果の時間も短くなるので塗る日焼け止めと使い方は変わらないので注意しましょう。

肌を紫外線から守る方法は様々

紫外線、日焼け止めを防止する。日焼け止めクリーム・UVカットの服・サングラス、考えてみれば沢山あるんです。

しかし、それらは一長一短。良いところがあれば悪いところも。

  • 日焼け止めクリームの塗りムラで紫外線が防げない
  • いつのまにか持続時間切れて、結局日焼け
  • 目立つ場所しか利用しないので少し日が当たるだけで焼けてしまう。
  • いつもサングラスを掛けれるわけではないので目への紫外線が厳しい
  • 日傘使っても街中では紫外線の反射で、足元から日焼け

誰でも一度はこういった経験があるのではないでしょうか。体全身の紫外線対策は一筋縄じゃいきませんよね。

飲む日焼け止めの大きなメリットは上記に挙げた従来の日焼け止めでの問題点を意識せずに解決できるところにあるといっても過言ではありません。

紫外線対策の成分を体内に取り込むことで対策できるということは、飲んでしまえば体全体をカバーできるという事です。

実はみんな意外と使ってない塗る日焼け止め事情

焼けたくないけど、日焼け対策は嫌だ

出典:decencia

飲まなくても塗るだけで十分。なんて声も分かる気はします。

でも現実はなかなか厳しいです。海や山、張り切って出かける日は紫外線対策もバッチリ。でも上のグラフを見ればわかる通り実際には日焼け止めを塗って満足しているだけなんですね。

それは、1回塗っただけでは2,3時間しか効果が無いので、日焼け止めを細目に塗り続ける事が重要なんです。

更に大切なのが紫外線がもっとも多い時間帯は10~15時あたりの時間帯。出かける前に塗って外出。例えば朝から準備して9時に外に出たとすれば最も紫外線が強い12時付近に効果が切れる事になります。

お手軽で気軽に利用できる、塗るタイプの日焼け止め。でも実は使い方は非常に難しく手間がかかるんですよ。

でも、日焼け止めをこまめに塗るのは・・・やっぱりめんどくさいですよね。

しかも、肌が真っ黒に真っ赤に焼けるというのは紫外線の中のUV-Bからサンタンやサンバーンと言われる症状。特に暑い時期目に見えてわかるサンタンやサンバーンには誰しも気を使います。

しかし、本当に怖いのはUV-Aといわれる紫外線。UV-Aを浴びてもいきなり肌に変化が訪れる訳ではありません。そのダメージは年々蓄積されて、年齢を重ねるごとにシワ、シミなど光老化という形で現れ始めます。

未来の自分の為にと言われても、都度塗って日焼け止め。なかなか重い腰が上がらないのはみんな同じという訳ですね。

つまり、日焼け止めサプリの意識しなくても利用ができるというのは、面倒なケアから解放されるという事でもあるんですね。

飲む日焼け止めサプリの効果が無いってホント?

飲む日焼け止めサプリが効果が無いというよりは効果を感じにくいというのは私もそう思います。

これは塗るタイプの日焼け止めやUVカットの衣類も同じですが日に焼けないことが効果あったということになります。

塗る日焼け止めなどは塗った場所と塗っていない場所で日焼けの差が出る訳ですが、飲む日焼け止めは体全身をケアする事になるので結果が分かりにくいんですね

更に最初に説明した通り、大きく二つのタイプに分けることが出来ます。それは、短時間で効果が表れ短時間で効果が切れるタイプと効果が表れるまで時間が掛かるけど効果が表れ始めれば24時間効果が続くタイプ。

その特徴を知っておかなければ、飲んでも効果が感じられないといった結果になってしまうのは当然ですよね。

飲む日焼け止めであればどれも同じわけではありません。しっかり内容を確認して正しい飲み方でケアしていきたいですね。

数多くの飲む日焼け止めが発売され始めた2016年。

2017年に入りまだまだ飲む日焼け止めの新製品は増えていくことでしょう。

いろいろあり過ぎて「どんな飲む日焼け止めを選べばいいか分からない」そんな声も当然です。

まず気に掛けたいのが、「紫外線対策の成分が何で作られているか。」を見てみると良いでしょう。多くの飲む日焼けが発売されていますが、実は主成分で分けると3種類の飲む日焼けに分けることができます。

  • NutroxSun(R)(ニュートロックスサン)
  • レッドオレンジコンプレックス
  • パイナップル由来
  • シダ成分

簡単に説明すると現在人気なのは、ニュートロックスサン、パイナップル由来、シダ成分の順で並んでいると思ってもらえばいいでしょう。

成分比較表
  ニュートロックスサン※1 レッドオレンジコンプレックス パイナップル成分※1 シダ成分
ホワイトヴェール 125mg × × ×
インナーパラソル 250mg × 30mg ×
やかないサプリ × ×
セラミドファイン × × ×
メディパラソル × × ×
雪肌ドロップ × × ×
美百花 100mg × × ×
ブランテ 100mg × × ×
ヘリオケア × × ×
サンタンブロック 125mg × × ×
P.O.L.C 100mg × × ×

※1日推奨最低粒に含まれる量
〇は含み量非公開

飲む日焼け止めに含まれる成分の違いで比較してみましょう

現在発売されている飲む日焼け止め大きく分けると二つの形に分かれます。

  • 飲み続ける事で終日効果が期待できる、飲む日焼け止め(ニュートロックスサン、パイナップル成分など)
  • 飲んで数時間の効果が期待できる、飲む日焼け止め(ヘリオケア)

飲む日焼け止めの代名詞、ヘリオケア。その長い実績から実力を疑う必要は無いでしょう。しかし最大の弱点が効果時間が短すぎる事です。

塗る日焼け止めとほとんど変わらない4~6時間。一時的に利用では力になってくれますが何度も飲む必要があるのが大変です。

そこで現れたのが意識しなくても24時間紫外線対策できるという内容。ニュートロックサン(含む商品)に人気が集まるのは自然の流れと言えるでしょう。

まずは成分で特徴が大きく変わるので、何が利用されているものなのかを先に絞って考えてみるもの良いですね。

飲む日焼け止めに入っているニュートロックサンって何?

出典:NutroxSunの実験結果

紫外線が死に直結してしまう、欧州人でさらに色白の人。紫外線を防ぐというのは体を皮膚ガンから守らなければいけないんですね。

そんな欧州生まれのニュートロックスサンはシトラス果実とローズマリーの天然ポリフェノールで作られています。

多くの国産飲む日焼けサプリで採用されています。

大きな特徴の一つに、しっかりとしたエビデンスを公開してることにあります。

250mgのニュートロックスサンを57日85日間摂取した結果、約6割の紫外線保護の結果がサイトで公開されています。

飲む日焼け止めを飲み続けていくことで体の中から紫外線ケアができていくことになります。

そして、この6割というのが絶妙で、紫外線をすべてカットしてしまうと人の体に必要なビタミンDができず体や骨に支障をきたしてしまいます。

100mgでの結果も載っていますが、効果が表れるまでの時間が長くなってしまいます。

塗る日焼け止めでがっちり日焼け止めし過ぎると、体の育成の支障が現れる場合も。

人の体や肌に必要な紫外線を考え、肌に悪影響を与える紫外線をカット。それがニュートロックスサンなんですね。

ニュートロックスサンの覚えておきたい豆知識

ニュートロックサンの臨床結果、エビデンス。250mgの量というのが鍵というのは上で説明した通りです。

そして、ニュートロックスサンを使ったメーカーもそれを元に販売している訳です。

ニュートロックスサン含み商品は数多く発売されていて量がそれぞれ違います。

それが一目でわかる方法ニュートロックスサンのロゴマーク。

NUTROXSUNロゴマーク

1日分に250㎎入ってないと載せれません

これが袋に載っているかどうかでわかります。逆にロゴマークが袋に載っていないと1袋を30日計算して1日分に250mg含まれないと載せれないんですね。

 

ニュートロックスサンの量で比較してみます。飲む日焼け止めの軸になる部分なのでとっても重要な量ですね。

もちろんニュートロックサン以外の成分、特に女性の向けの飲む日焼け止めは肌にこだわった成分が含まれているので一概に値段だけ見て決めるのもオススメはできません。

でも、一つの目安として比較してみるのも良いですね。

ニュートロックスサン量比較
  1粒 1日推奨最低粒含量 1袋 250㎎あたり値段※1
インナーパラソル 125mg 2粒(250mg) 7,500㎎ 約186円
ホワイトヴェール 62.5mg 2粒(125mg) 3,750㎎ 約332円
サンタンブロック 125mg 1カプセル(125mg) 3,750㎎ 約326円
美百花 50mg 2粒(100mg) 3,000㎎ 約415円
ブランテ 50mg 2粒(100mg) 3,000㎎ 約415円
POLC(ポルク) 50mg 2粒(100mg) 3,000㎎ 約581円

※1:臨床結果が250mgで公表されている為、定期購入価格で計算

飲む日焼け止めに入っているレッドオレンジコンプレックスって何?

名前の通りオレンジから抽出したエキスで作られているのがレッドオレンジコンプレックスです。

2017年に利用したサプリが一気に増えたのも特徴といってよいでしょう。抗酸化作用、抗炎症作用に期待される成分。

言葉で表すとニュートロックスサンと同じような形に見えますが、その違いは摂取から効果が表れるまでの時間と言えるでしょう。

レッドオレンジコンプレックスもしっかりとエビデンスが公表されていて、26歳~47歳の女性を対象とした臨床試験で100㎎/日を15日続けた結果紅斑を比較して30%の低下が確認されたと記録されています。

レッドオレンジコンプレックスのエビデンス結果

出典:ROC

ニュートロックサンの場合57日目で34.2%の減少が確認されていることを考えると15日で30%は結構な速度で効果が期待できるという事になりますね。

レッドオレンジコンプレックスは商品によって含まれる量にばらつきがあります。

他の成分と同じく、美容成分の事は加味しない表ですが目安にはなるかと思います。

レッドオレンジコンプレックス量比較
  1粒 1日推奨最低粒含量 1袋 100㎎あたり値段※1
サンタンホワイト 50mg 2粒(100mg) 3,000mg 約130円 
リブランコート 2.5mg 2粒(5mg) 300mg 約1580円 
メディパラソル 公表なし 公表なし 公表なし

※1:臨床結果が100mgで公表されている為、定期購入価格で計算

飲む日焼け止めに入っているパイナップル成分って何?

美肌作用をパイナップルの力で

パイナップルといえばそんなに珍しくもなく食べようと思えば気軽に手に入る筈。なんですけど、日常的に食べるものでもないですよね。

甘酸っぱいパイナップル。南国のイメージ通り、紫外線に強い食べ物なんですよ。

肌の奥、細胞と細胞の間に潤いを与えてくれる、セラミド。保湿には欠かせない成分。肌の黒ずみの原因、メラニン色素を抑えるフィトール。そして肌のターンオーバーの促進を促し新しい肌を作り上げてくれます。

ブライトニングパイン

出典:ブライトニングパイン

パイナップルの可食部分を贅沢に使用したブライトニングパイン。その内容はフィトール、美白成分。

フィトールは美白に係わる、メラニン色素の抑制に強い働きをみせ、しっかりとしたデータが提出されています。

メラニン色素を抑えることによって色素沈着を抑える。それは肌焼け、黒ずみといった日焼けから肌を守ってくれます。

パイセンラ

パインセラの働き

出典:植物なんとか部

パイナップルに期待したいのがセラミド。肌の中に存在する細胞の隙間を埋めてくれるのがセラミドの働き。

細胞と細胞の間にセラミドが不足してると、紫外線はその間を通って肌の奥へ侵入することになります。

すると、肌に紫外線ダメージを与えることに。

肌に潤いを与えるということは、本来体が持っている力で紫外線から肌を守るという事なんですね。

 

飲む日焼け止めに入っているシダの成分って何?

シダ系植物の力で紫外線対策

シダで紫外線対策。多くの人が想像するのが、飲む日焼け止めのヘリオケアではないでしょうか。

ヘリオケアは飲む日焼け止めの火つけ役だったといってもいいでしょう。当時の国内を見回しても国産サプリは数える程度でした。

良くも悪くも海外での安定と実績。国産の飲む日焼け止めが多くなってきた現在はコスパが今一つでなかなかオススメはしにくいですね。

それは時間の短さ。ニュートロックスサンやレッドオレンジコンプレックスが飲み続ければ24時間対策できるのに対し、シダの抽出エキスの場合4~6時間の持続時間

それ以上紫外線の危険にさらされる場合は、再度摂取する必要があります。

その変わり、効き目が表れるまでの時間が短いのも特徴です。出かける前の30分前に飲めばいいので大きな特徴と言えるでしょう。

このシダの成分を利用している国産飲む日焼け止めも存在します。

シダ植物のポリリディウムリュウコトモスから抽出したエキス。これが紫外線からのダメージ、DANの損傷を防ぎ、抗炎症作用で肌焼けから守ってくれます。

シダ成分含む商品
ヘリオケア ウルトラD ファーンブロック
ヘリオケア ピュアホワイト ラディアンス マックス240 ファーンブロック
noUV PLエキス
やかないサプリ PLエキス

 

飲む日焼け止めで紫外線から目を防ぐを比較してみましょう。

塗る日焼け止めでは叶わない、飲んで体内からケアできるからこそできることですよね。

目への紫外線対策。

注目したいのがアイケアサプリメントでも多く利用されているルティン。目の中に多く存在するルティンは強力な抗酸化作用で活性酸素の酸化を防いでくれます。

更にルティンは体の中で作られることが無い、食べたものから摂取する以外ないのが厄介なんです。

もう一つがアントシアニン。ブルーベリーに代表されるベリーに多く含まれていることで有名ですね。やはり強い抗酸化作用が期待されるアントシアンイン。

目の中でも水晶体に存在し光からのダメージを受け止める役割で働いてくれます。

そんなルティンやアントシアニンを効率よく摂取できるのがサプリメントの存在なんですね。

ルティン、アントシアニン比較表
  ルティン アントシアニン
ホワイトヴェール ×
インナーパラソル × ×
やかないサプリ × ×
ホワイタス × ×
セラミドファイン × ×
メディパラソル ×
美百花 ×
ブランテ ×
雪肌ドロップ ×
ヘリオケア × ×
P.O.L.C × ×

 

飲む日焼け止めは、カテゴリーは健康食品になります。

体に足りない成分を補給する意味が大きく、薬ではないので副作用の心配は不要です。

ただし商品によってはアレルギーを気にした方がいい成分が入っているものもあるので注意は必要です。

美肌成分のACGコンプレックスを利用している(美百花など)飲む日焼け止めはカニ、エビの成分が含まれている為アレルギーを持っている人は注意が必要です。

また、ニュートロックスサンはローズマリーエキスが含まれているので、妊娠中の方は避けた方が良いです。

もっともどんなサプリ場合でも妊娠中はかかりつけのお医者さんに相談してから服用するようにしましょう

 

飲む日焼け止めで注意したいのが定期縛り。一定期間続ける事で価格を安く提供されていますが最低購入期間は必ず続ける必要があります。

飲む日焼け止めは飲み続ける事が重要とはいえ、あまりにも長いと他の商品に目移りしちゃうものですよね。

複数回購入するのが嫌な方は、定期縛りがが設定されていない商品で試してみるとよいでしょう。

安さだけにとらわれず、自分のライフスタイルに合った飲む日焼け止めを購入するのも良いもの選びのポイントですね。

  最低定期回数 1袋あたり 1日あたり 返金保証
ホワイトヴェール 無し 980円※1 約32円 90日間
4,980円※6 約166円
インナーパラソル16200 3回 990円 約33円 なし
5,600円  約186円
ホワイトショット 無し 6,696円 約223円 なし
メディパラソル 3回 990円 約31円 なし
2,940円 約94円
セラミドファイン 無し 1,980円※1 約66円 30日間
3,195円※2 約106円
やかないサプリ 無し 970円※3 約32円 なしなし
2,453円※4 約81円
P.O.L.C 無し 6,980円 約232円 なし
美百花 4回 500円 約16円 なし
4,980円 約166円
定期無しコース 5,980円 約199円
ブランテ 4回 500円 約16円 なし
4,980円 約166円
ホワイタス 3回 3,646円 約121円 90日間
雪肌ドロップ 無し 1,980円※5 約66円 なし
6,480円※4 約216円 なし 
ヘリオケア 無し 10,584円 約352円 なし

※1:定期購入の縛り無し、初回割引価格
※2:2回目以降通常の定期価格になる為、初回+2回目価格を割った価格で算出しています。
※3:WEB購入初回限定20%OFFになります。
※4:2回目以降価格
※5:初回限定価格
※6:2回~4回目価格
※7:2回~4回目価格

飲む日焼け止め比較のまとめ

飲む日焼け止めの比較をまとめてみましょう。

人気の飲む日焼け止めのホワイトヴェール、インナーパラソル、ホワイトショット。色々な特徴が見て取れますが人気の商品で共通して言えることは内容を公表している商品ということです。

数多くの飲む日焼け止めを比較してきましたが、やはり成分量などが不明確なものは人気がありません

体の中に入れるものなので当然ではありますが成分量や含まれる成分名がきっちり記載している商品に人気が集まっています。

そして価格帯。正直調べ始めたころは安い方が人気になると思っていたのですが、4,000円~8,000円あたりがもっとも人気なんですね。

もちろん安いものは安いなりのものしか含まれていないので、コストパフォーマンスで言えば決して高い訳ではないので当然と言えば当然なんです。

日差しが強くなる一方の毎日。紫外線を体の中からケアするインナーケア。

私たちが比較した結果も、アンケートや口コミの内容からでたランキングも、ケアしていて当たり前。そう言われる紫外線だからこそ間違った商品を選びたくない、女性の強い気持ちが現れました。

そして、良い商品がそのままランキングに繋がった形になりました。

飲む日焼け止めサプリ、徹底比較

数多く発売されている飲む日焼け止め。その中身の違いと価格の違いを見てきました。

では、商品ごとの特徴と比較を女子肌編集部全員で徹底的に分析。

前述したランキングと合わせて改めてみてみましょう。

ホワイトヴェール

太陽に負けないサプリ。ホワイトヴェール
WHITE VEIL ホワイトヴェール
1袋60粒入り 約一か月分
定期購入 初回:980円
2回目以降:4,980円(税込)+送料無料

※定期購入縛り無し

 

インナーパラソル

インナーパラソル16200forUV
インナーパラソル16200
定期購入(月/1袋) 5,600円(税抜) 20%OFF
定期購入(月/2袋) 10,500円(税抜) 25%OFF
定期購入(月/3袋) 14,700円(税抜) 30%OFF
通常購入 7,000円(税抜)

定期購入は最低3回の購入が条件になります。
送料はクレジットカード払いで送料無料

 

ホワイトショット

ホワイトショット インナーロック 60粒1ヶ月分
販売価格 6,696円(税抜)送料無料

 

ブランテ(BLANTE)

ブランテ 1袋60粒/約1ヵ月分
定期初回価格 2,721円(税込)送料無料
定期2回目以降 2,570円(税込)送料無料

※定期購入は最低4回継続が必要

主な成分  ニュートロックスサン 他
持続時間 24時間
1日あたり 166円
返金保証 無し

上位の人気の日焼け止めサプリに類似している成分と価格。ですが、肝心のニュートロックスサンの量が少な目なのが残念ですね。

ブランテを女子肌編集部が徹底比較

人気のニュートロックスサンを含む飲む日焼け止めのブランテ。ザクロにL-シスチン、ACGコンプレックスと女性の肌にこだわりを見せているのが分かります。定期購入初回価格が500円と驚きの価格ですが、定期縛りが4回と長め。上位商品と比較するともう少し尖がった特徴がほしいところです。

 

美百花

美百花 1袋30粒/約1ヵ月分
定期購入 4,980円(税抜)送料無料

主な成分 ニューロックスサン
持続時間 24時間
1日あたり 約166円
返金保証 なし

美白とニュートロックスサンで紫外線対策。美に意識が大きいさぷりなので女性向けのサプリメントです。しかしリニューアルされる前のホワイトヴェールとほとんど同じ成分で更にニュートロックサン含み量が少ないと目立った所が無い商品ですね。

 

美百花を女子肌編集部が徹底比較

2017年に新発売された美百花。ニュートロックスサンを含む日焼け止めサプリです。美肌の成分に力を入れているのはわかるんですが、いかんせんニュートロックスサンを含む量が少ないのが残念なところ。値段も平均的とランクインしている商品と比較しても無理に選択する理由は見つからないですね。

 

雪肌ドロップ

雪肌ドロップ
雪肌ドロップ
1袋60粒入り 約一か月分
定期購入 初回:1,980円(税込)送料無料
2回目以降:6,480円(税込)送料無料
通常購入 1袋:7,900円(税込)

主な成分  ニュートロックスサン
持続時間 24時間
1日あたり 約216円
返金保証 なし 

価格帯のインナーパラソルに比べると成分量がちょっと不明確です。元々もの凄く長く設定されていた定期縛りが2017年に廃止されたのは好印象です。紫外線対策以外の部分を重要視するなら選んでみるのもいいですね。

 

セラミドファイン

セラミドファイン
セラミドファイン
1袋90粒入り 約一か月分
定期購入 初回:1,980円(税別)+送料無料
2回目以降:4,410円(税別)+送料無料
 

主な成分 パイナップル由来
持続時間 24時間
1日あたり 86円
返金保証 30日

パイナップル成分のブライングパインを利用したセラミドファイン。しっかりとしたデータを提示していて、肌の保湿成分も豊富。飲む日焼け止めの保湿と美白にこだわった商品です。

 

P.O.L.C

ポルク

P.O.L.C 1袋 60粒
定期購入 6,980円(税別)+送料無料
通常購入 9,800円(税別)+送料無料

 

高い。

 

メディパラソル

メディパラソル
メディパラソル
1袋31粒入り 約一か月分
定期購入 初回:990円
2回目以降:2940円(税込)+送料無料

※最低3回の定期購入が必要

 

主な成分  ニュートロックスサン、他
持続時間 24時間
1日あたり 約65円
返金保証 なし

豊富な成分数と定期購入回数に価格。世界各国で作られた日焼け止め成分を合わせた珍しいサプリメントですね。

メディパラソルを女子肌編集部が徹底比較

値段も安価で、成分数が豊富。メディパラソルの特徴です。なぜこんなに多くの成分数なのに安いのか、それは成分量が控えめなんですね。ニュートロックスサン、研究結果は250mg摂取結果のデータ。メディパラソルは1日分に100㎎しか配合されていません。他のニューとロックサンサプリより少ない分をレッドオレンジコンプレックスやオリーブの力で補っています。

 

ボタニカルホワイト

 
ボタニカルホワイト 1袋30粒/約15日分
1袋(約15日 通常価格) 1,944円(税込)送料無料
2袋セット(約1ヶ月分、6%OFF) 3,888円(税込)送料無料
6袋セット(約3ヶ月分、15%OFF) 11,664円(税込)送料無料

主な成分  レッドオレンジコンプレックス 他
持続時間 24時間
1日あたり 129円
返金保証 無し

レッドオレンジコンプレックスを利用した飲む日焼け止め。1袋15日分と使いやすさがポイントですね。

ボタニカルホワイトを女子肌編集部が徹底比較

速効性に重点を当てた飲む日焼け止め。ヘリオケアと同じような作りですがその価格は1/4以下。但し1袋も15日分で半分以下。2袋で1ヶ月分、それでも半値なのでお得感がありますね。しかし、含まれている成分量などが不明で悩ましいですね。1部の実店舗でも販売されているようなので見かけたら購入してみるのもいいかもしれませんね。

 

noUV Care White

 <

noUV Care White 1箱90粒 約1ヶ月分
定期購入価格 7,344円(税込)

主な成分  シダ植物エキス
持続時間 4~6時間
1日あたり 約244円
返金保証 無し

短時間で効果が表れ、短時間で効果が切れる。ヘリオケアと同じタイプの飲む日焼け止めです。速効性を重要視するサプリでは安価な部類にはいります。

noUV(ノーブ)を女子肌編集部が徹底比較

速効性に優れ短時間で効果が切れてしまう飲む日焼け止め、コストパフォーマンスで言えば凄く悪いです。しかし同系統のヘリオケアに比べると価格は手頃ですね。例えば旅行や海、子供と遠足や運動会といった今日だけ日焼け止めしたい場合に便利ですね。

 

エルシーノ

飲む日焼け止め、エルシーノ
エルシーノ 約1か月分
初回購入価格 648円(税込)送料無料
2回目購入価格 4,980円(税込)送料無料

※定期購入は最低4回の購入が条件になります。

主な成分  ハス胚芽エキス
持続時間 24時間
1日あたり 約166円
返金保証 なし 

飲む日焼け止めと美白、美容のトータルサプリメント。エルシーノ。美白にエラグ酸、美容にL-システィンとサプリメント以外でも普通にコスメで利用されている成分を含んでいる。女性向けのサプリメントです。

 

まっしろ美白習慣

まっしろ美白習慣 1袋60粒/約1ヶ月分
定期初回 500円(税込)
定期2回目以降 4,980円(税込)

主な成分  PLエキス
持続時間 約2時間
1日あたり 約166円
返金保証 30日間

飲む日焼け止めで初回500円はかなり安く魅力的です。ですが、価格だけで決めれるものでもありませんよね。2回目以降の価格は一般的な4,980円。公式サイトで約2時間の持続時間というのは物足りないですよね。

 

まっしろ美白習慣を女子肌編集部が徹底比較

PLエキスを利用した短時間がたの飲む日焼け止め「まっしろ美白習慣」。コエンザイムQ10などかなり珍しい成分を利用しているサプリメントです。その名前から想像できる、日焼け止め前と日焼け後の両面からケアしてくれます。ただ、飲む日焼け止めのランキングや比較的には紫外線保護が約2時間というのはさみしい限り。順位的に低くなってしまいますね。

 

関連記事

【徹底比較】美白サプリを口コミ、評判、成分、調査しました
シミ、女性の肌にいつの間にかできる嫌なやつ。年齢を重ねるごとに、紫外線が多い季節が終わって鏡をみたら。薄っすらシミ・・・そんな経験したことある人は少なくない筈です。シミの原因は、肌の内部のメラニン...

      2017/12/14

 - 飲む日焼け止め比較