美百花。塗らない紫外線対策。飲む日焼け止めってどんな感じ?


国産の飲む日焼け止めサプリメントで利用される、もはや定番のニュートロックスサン。

そのニュートロックスサンをベースに作られた「美百花」(BIHYAKKA)。

2017年に新し発売された飲む日焼け止めです。

美百花(BIHYAKKA)の特徴を見てみましょう。

美百貨。白地にシンプルなパッケージが印象的です。

美百花は綺麗でいたい女性の肌を守る飲む日焼け止めサプリです。

一言で飲む日焼け止めと言ってもその形や種類は数多くあります。

美百花の特徴は24時間。いつも降り注ぐ紫外線を体の中からケアしてくれる、終日効果の飲む日焼け止めです。

しかし、ここからが美百花が他のサプリとは違うところ。

女性の肌に働きかける、つまり紫外線に負けない肌の為の商品。

紫外線対策に欠かせない食べ物トマトからリコピン。目への影響にルティン。焼けた肌、黒ずみの原因となるメラニンの抑制に働きかけるL-システイン。シミや毛穴に働きかけるACGコンプレックスなどなど。

綺麗の為の工夫が施されている、それが美百花の最大の特徴といえるでしょう。

選べるプランが特徴

最初の価格はとっても安くて2回目以降定期の価格になる。そして定期購入の縛りが〇〇回。ネット通販ではよくある形ですね。

そしてもう一つが通常の定期購入。定期縛りが無い割引プラン。

飲む日焼け止めに限らず、ネット通販のコスメではよくある形。2つのプランです。

しかし、1つの商品に複数プラン設けてあるのはかなり珍しいです。

美百花
  定期縛りありプラン※1 定期縛りなしプラン
初回価格 500円(約16円) 4,980円(約166円)
2回目以降 5,980円(約199円)

※1:最低購入回数4回

見た感じどっちの方がお得に見えますか?

答えは単純で5回までの短期購入なら、定期縛りプラン。6回以降も続ける場合は縛り無しの方がお得です。

美百花
  定期縛りありプラン 定期縛りなしプラン
4回目購入 18,440円 19,920円
5回目購入 24,420円 24,900円
6回目購入 30,400円 29,800円

紫外線の強い季節に限定して飲むか、年中通して飲むか。色々な選択肢を持てるのは強みである一方悩んでしまうのが難点ですね。

美百花のプランを選ぶコツ

二つのプランを用意されているのはありがたい様な、困るような。考え方一つですがなかなか難しい選択でもあります。

ただ、美百花に使われるニュートロックスサンの実験を参考にして考えれば、飲み始めてから数カ月は続けた方が良いのは間違いありません。

「紫外線ケアは1年通して行うのがベスト。」それは、今日の肌、明日の肌に向けてではなく数年後の未来の自分への話です。

この未来の自分への部分をどう考えるかによって答えは変わります。

ここ数カ月の日焼けを考えるだけであるならば、定期縛り4回~6回を目途に購入に踏み切るのも良いでしょう。紫外線の強い季節が過ぎれば来年まで休止するのも悪くないでしょう。

しかし、年中通してケアが必要であるのならば定期縛りを含まないコースを利用するのが半年過ぎて安く購入できるので賢い選択といえます。

自分のライフワークと相談して、自分への投資をどこまで考えているのか。

難しいようですけど、とても重要な事でもあります。その辺りを踏まえて選択してみるのもよいですね。

そして、どちらの方がオススメなのか。それを聞きたい人もいるはず。

女子肌.comでは素敵女性を目指すサイト。当然オススメするのは定期縛り無し4,980円で1年通して紫外線対策を行いましょうといった答えになるのは当然なんです。

美百花に含まれる成分見てみましょう

何度もいいますが、美百花の最大の特徴はニュートロックサンです。

規定量をしっかり含んでいる。それだけではなく、現在国産の飲む日焼け止めの主流になっているこの成分。

仮に、他の商品が良くなったり、新しく発売された時と変えやすいといった特徴があります。

飲む日焼け止めを選択するときの一つの目安にしてみるといいでしょう。

そこから少し踏み込んで考えてみると、飲む日焼け止めの多くの差というのはニュートロックサンとその他の成分の差とも言えます。

その他の注目成分を見てみましょう。

L-システィン

美白サプリに多く利用されているL-システィン。

美白、自分の肌を取り戻す邪魔者。それは肌の黒ずみです。

肌の黒ずみは皮膚が刺激を受けた際に発生するメラニン色素の発生。これを抑制することで黒ずみを抑え込むのがL-システィンの働きになります。

他にも肌のターンオーバーを助けてくれたり、細胞の酸化の抑制に働いてくれたりとビタミンと仲良く働いてくれるしっかり者なんですね。

ルティン

目のケアの商品で多く取り入れられている。ルティン。

目の中に存在する成分で、非常に抗酸化作用を持っています。

塗る日焼け止めでは防ぎきれない目。

白内障や緑内障の原因になってしまう場合も実は肌に浴びるより怖いかもしれないのが目です。

折角の飲む日焼け止め、効率的に紫外線対策にほしいワンポイントですね。

トマトのリコピン

これまた非常に強い抗酸化作用を持っているリコピン。

中でも血液中の悪玉コレステロールの酸化を抑える働きに期待されます。

体内で生成できない為しっかりと食べ物から摂取。または効率よくサプリメントなどから採る必要があるんですね。

ACGコンプレックス

髪、肌、爪。

キレイに整えるために働いてくれるのがACGコンプレックスです。

中でも肌。毛穴からの皮脂の分泌を抑え、ハリやシミといった女性の悩みに働きかけてくれます。

ただし、注意しないといけないのがアレルギーです。ACGコンプレックスはエビ・カニ由来のN-アセチルグルコサミン甲殻の成分が入っています。

エビ・カニ、アレルギーの方は美百花はお勧めできません。

他にもたくさんの成分が

グアバ、レモン、ホーリバジル、アムラなどからオーガニックの天然物の栄養素。

女性の美を支えるザクロと綺麗女性の味方がどーんと入っているのも美百花の特徴になります。

美百花の口コミや評判は

20代30代の女性に圧倒的な支持を得ている美百花。

その原動力は有名人、そしてインスタグラムでの口コミ効果は非常に大きいですね。

どんな飲む日焼け止めが良いか調べているうちにインスタやツイッターで知ったという人が殆どではないでしょうか。

 

 

美百花の価格

価格については特徴の時に話した通り、二つの選択できるプランですね。

定期購入縛りありで初回を安く購入するか。

定期購入縛りで初回は安くないけど大きな割引で続けるか選択することができます。

 

美百花のまとめ

飲む日焼け止めとしては2017年新しく発売された「美百花」

紫外線と肌に向けた飲む日焼け止めになります。

紫外線の強い季節、紫外線を浴びた肌を気にする人であれば綺麗にこだわるものです。

折角サプリメントを飲むのであれば、一緒にケアできることに越したことはありませんよね。

逆に言えば、美百花をあまりオススメしない人は他のコスメでしっかりケアできている、美肌にこだわりが無い男性などは他の飲む日焼け止めを検討してみても悪くないと思います。

価格面でも、2つのプランから選択できるのは面白い試みだと思います。

購入を考えている今。紫外線の強い季節。そして自分のライフワークと照らし合わせてどのプランで購入するか考えてみるも良いでしょう。

 

美百花 1袋30粒/約1ヵ月分
定期購入 4,980円(税抜)送料無料

先着1000名、脱毛サロンKIREIMOの10,000円OFFクーポンプレゼント実地中!

>>脱毛サロン「KIREIMO」はこちらをクリック

 

関連記事

【徹底比較!】どれがオススメ?飲む日焼け止めサプリ
2016年には片手で足りる程度の数しか販売されていなかった飲む日焼け止め。2017年には両手でも足りないくらいの新商品販売が始まりました。選択が増えるのは嬉しいことですが、選ぶものが増えるというのは選ぶ悩...
飲む日焼け止め、ホワイトヴェール(WHITE VEIL)を飲んでみました。
紫外線の強い季節に飲む日焼け止め、ホワイトヴェール(WHITE VEIL)。日焼け止めクリーム、BBクリームなど紫外線を防いでくれる商品は沢山あるんですが、最大の弱点が・・。体全体に塗らなければ意味がない・・...
インナーパラソル16200。飲む日焼け止めサプリ、飲んで試してみました。
飲んでますか?飲む日焼け止め。日焼け止めクリームや帽子では防ぎきれない紫外線。女性にとっての大切な肌。黒く焼ける、肌が赤くなって痛い、シミやたるみの原因を作り出す。すべての原因は紫外線を浴びること...

      2017/06/12

 - 飲む日焼け止め