女子肌

日焼け、ニキビ、黒ずみ、アンチエイジング。女性の肌、悩みと向き合う。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル使って比較してみました。


ホワイトヴェールディープクリアジェルとイビサクリームどっちがオススメ?

黒ずみに気が付いてもどうすればいいのか。

相談するにもなんか気恥ずかしいし、みんなも同じなのか不安。

水着や温泉など、人見られるVライン。

彼氏に夫、なにより付き合い始めて初めてのその時に見られる。引かれるかも、嫌われるかも。不安を抱えている人も少なくないですね。

女の子の中でも難しい悩みの一つ。それが、デリケートゾーンの黒ずみです。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル

大人気のイビサクリームと私が気に入っているホワイトヴェールディープクリアジェル。

黒ずみちゃんと消えるの?ホントに効果があるの?迷っている人も多いはず。

正直に書いちゃうとデリケートゾーンの黒ずみで悩みを抱えている人は、イビサクリームかホワイトヴェールディープクリアジェルどちらか選んでおけば間違いないかと思います

その心は、その実績と有効成分、そして私が試してどちらも素敵な結果を感じ取れたからです。

約一ヵ月分 40g
定期縛り 最低3回
定期購入
初回 3,780円+送料無料
2回目以降 4,980円+送料無料
返品保証 90日間

約一ヵ月分 35g
定期縛り 最低2回
定期購入
クレジットカード払(初回) 4,470円(税抜)
クレジットカード払(2回目) 4,970円(税抜)
クレジットカード払(3回目以降) 4,473円(税抜)
返金保証 28日間

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル使ってみました

実は私はイビサクリームを愛用していた1人でした。

いきなり過去形で恐縮なんですが、今はホワイトヴェールディープ

クリアジェル使っています。

でも、出会ってしまったんですね。ホワイトヴェールディープクリアジェルに。

こういった黒ずみケアコスメを比較できるような環境でなければもしかしたらそのままイビサクリームを利用していたかもしれません。

黒ずみケアのコスメとしてはどちらも十分期待に応えてくれる良いものということは先に伝えておきますね。

私がデリケートゾーンの黒ずみケアを始めた理由

ちょっとした余談ですけどね。私がなんでデリケートゾーンの黒ずみケアを始めたのかというと、きっかけはVラインの脱毛なんですね。

ムダ毛を綺麗にして、今まで気が付いていなかったVラインの黒ずみが一気に見えるように

脱毛で同じ思いをしている人は少なくないと思うんですよね。

折角ムダ毛を綺麗にしても露骨に黒ずんでいるしやっぱり見た目が悪い。本音で言えば彼氏に見られたくなかったからです。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルの違いは?

ホワイトヴェールとイビサクリーム。主成分は同じ。

どちらも同じデリケートゾーンの黒ずみケアの専用として販売されいるコスメです。

厚生省労働省から、医薬部外品として認可されています。

実はイビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル、使われている成分。そんなに大きな違いは無いんですよ。

主成分は同じ、トラネキサム酸(詳しくは後に記載)、他の成分は違いますが黒ずみや美白、保湿といった求める効果は同じような形です。

そのトラネキサム酸。この有効成分「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」ことで厚生労働省の認可を受けている成分なんです。

この、認可を受けているというのは非常に重要で国からしっかり効果のお墨付きをもらいまた規定量を含んでいないとその言葉を利用することができません。

さらに、このトラネキサム酸。ある化粧品で利用されていることで有名なんです。

それは、資生堂のHAKU。顔のシミやそばかすの美白化粧品としてその実力を聞いたことは少なくないでしょう。

元々この成分つかったトラネキサム酸を資生堂が開発して特許をもっていました。しかし特許の時間切れで誰でも利用できるようになったんです。

なので、高級化粧品だったHAKUの成分をあそこの黒ずみケアの成分として手軽な値段で作られたというわけなんです。

そんな比較したくても成分的には差がほとんどないようなイビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル。さらに口コミや評判もどちらも上々。

あそこの黒ずみケアで悩んでいる方は率直にこのどちらかを選んでおけば大丈夫

でも、どっちか選ばないといけませんよね。二つの細かな違いを確認していきましょう。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルの特徴を細かく見ていきましょう。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル。

女子肌でも色々な類似アイテムを比較していますが、この二つの商品、成分的に効果的にとにかく似ているんです。

どちらも利用して、どちらも医薬部外品に指定されているので効果に疑いはない形です。

率直に気に入ったほうを選べばいいですよ!と言いたいところですが、頑張って違いを見ていきましょう。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルの使用感の違い

でも、それでも、大きな違いを一つあげるならば、まず使用感から。

  • イビサクリームはその名の通りクリームタイプ
  • ホワイトヴェールは、透明なジェルタイプ

それってそんなに大きな差なの?と思うかもしれませんが使い心地では全然違うのもなんですよ。

肌に塗った時の感触や塗った後の肌の触り心地、そして塗り終わった跡残り。

クリームタイプとジェルタイプ。好みはあると思いますが、二つとも利用して感じるのはジェルの方が私の好みでした。

何よりも、クリームタイプでの大失敗がホワイトヴェールディープクリアジェルに心を傾かせます。

それは彼氏とのいちゃいちゃしている時に発覚した、Vラインに残っていた白く残るクリームの跡残り。

100%私が悪いのは分かっています、原因はしっかり延ばさずに軽く塗っただけ。

それが肌に白く残ってしまっていたクリーム跡。これを見られた後の気まずさは言葉にできません。

「化粧の跡だよ。」って誤魔化しはしたもののどう思われたかは・・・怖くて聞けないですよね。

効果は同じでもそんな事故と無縁な無色のジェル、ホワイトヴェールディープクリアジェルをお勧めしたいです。

イビサクリームの特徴

イビサクリームの特徴は?

イビサクリーム。素晴らしいあそこの黒ずみへ働きかけるケアコスメです。

それは、その実績が示しているといえるでしょう。

私が初めて利用した黒ずみケアコスメでしっかり結果が出たので長く続けられているのは、間違いなくイビサクリームのおかげなんです。

イビサクリームが生まれたのはブラジリアンワックスの脱毛サロンからなんです。

VIOなど脱毛されたことは感じたことある人もいるのではないでしょうか。

ムダ毛が無くなって初めて気が付くVラインの黒ずみ。脱毛サロンで同じような悩みを抱えていたとの事なんですね。

それが切っ掛けでお客さんよりアンケートを実施。細かな悩みを組み上げて黒ずみケアクリームとして作られたのがはじまりなんですよ。

実際の店舗での利用で実績が上がらなければ商品販売なんて無理。

脱毛サロンだからこそ作れた、脱毛サロンでの実績があるからこそ、プロが使っているイビサクリームだからこその人気なんですよね。

さらに言えば、イビサクリームの方が安い(定期購入3回目以降の価格)といった大きなメリットもあります。

クリームタイプの方が好みの方は是非、イビサクリームで黒ずみ解消を目指してほしいですね。

ホワイトヴェールディープクリアジェルの特徴

ホワイトヴェールディープクリアジェル、単純だけど最大の特徴です。

ホワイトヴェールディープクリアジェルの特徴はどのような形でしょう。

実はホワイトヴェールディープクリアジェルはイビサクリームに比べて約1年ほど遅く発売されました。

それはすなわち、大人気のイビサクリームに負けない形で開発されてきた証とも言えます。

イビサクリームとホワイトヴェールが似ているのではなくて、「イビサクリームの力を認めているからこそホワイトヴェールは同じような成分で作っている」と言った方がしっくりくるかもしれません。

クリームタイプではなく塗りやすく、塗った後に白く残らないジェルタイプというのは説明しましたね。それは、イビサクリームを使っていて不満点を改良してジェルに変えている商品ということ証ですね。

要するに、イビサクリームで取り入れられているいいところはすべて取り入れ、プラスアルファで作られているのがホワイトヴェールということになります。

ホワイトヴェールといえば元々飲む日焼け止めで人気のブランド。その第二段で作られたのがディープクリアジェルです。

定期購入の時に飲む日焼け止めがプレゼントでついてきます。一袋4,980円(定期購入時)もするのでちょっとしたプレゼントもうれしいですね。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル、他の部位でも使えるの?

これはどちらも同じですね。体のどの部分でも使うことができます。

一般的に黒ずみが気になる部分といえば、乳首、ワキ、二の腕、ひじ、太もも、ひざ、背中、デコルテ、お尻など使うことができます。

というのは、そもそもデリケートゾーンは言葉そのままとってもデリケートな場所。

何より安心で安全でなければ絶対に使うことができませんよね。その大切な場所で利用できるということは他の部位でも心配なく利用ができるんですね。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルの価格の違い

価格はイビサクリームの方が少し安い

効果もさながら、お金の問題は美容で避けて通れな問題ですよね。

ぱっと見た感じではそこまで大きな額ではありませんが、インターネットのコスメは定期回数などがあるので月単位で考えないといけません。

この辺りは返金保証などと絡めて考えたいところであります。

  イビサクリーム(括弧内税込) ホワイトヴェールディープクリアジェル
最低定期購入回数 2回 3回
定期購入(クレカ払) 初回購入 4,470円(4,827円)
2回目~ 4,970円(5,367円)
初回3,780円
2回目以降4,980円
定期購入(代引) 4,970円(5,367円) 
定期購入3回目以降 4,473円(4,830円)
1度のみ購入 7,000円 (7,560円) 7,560円 

若干分かりにくいですが、イビサクリームはクレジット支払いの時に最初の1回のみ500円の割引が付いてきます。

また、イビサクリームは最低定期購入が2回となっていますが3回目以降は10%OFFの特典がついてきます。なので3ヶ月目からはイビサクリームの方が安くなります。

イビサクリームは税別表示で販売されているので、括弧内の金額を見るのがいいでしょう。税込み金額で計算してみるとイビサクリームの方がやや高いのが分かりますね。

ホワイトヴェールディープクリアジェルは初回購入時は特典にて価格が安くなります。ホワイトヴェールは税込み価格で値段が表記されています。

定期購入は最低3回購入する必要があるのは注意したいです。もっともホワイトヴェールディープクリアジェルは90間の全額返金保証となっている為、定期回数はあまり意識しなくていいかもしれませんね。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルの返金保証の違い

あまり考えたくは無いですが、厚生労働省が認可している成分を使っていたとしても肌に合わない、効果を感じられないという人は一定数いるものです。

正直この二つの商品で効果を感じられなかったら、黒ずみに打つ手なしな気がしますがそんな状況でも安心して購入する為に保証はほしいものです。

  • イビサクリームの保証期間は28日間
  • ホワイトヴェールディープクリアジェルの保証期間は90日間

思ったより、期間の違いがありますね。

そして、返金保証と同じ名前ですが使える条件というのは細かに異なります。

  • イビサクリームは肌に合わなかった人が返金保証
  • ホワイトヴェールディープクリアジェルは90日間全額返金保証

ささいな言葉の違いですが、その些細な事を確認しておかないと最悪の場合勘違いしていたとなりかねません。

最初から保証を考えて購入するのも、インターネットでの買い物ではとっても重要なことです。

イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェルをまとめてみます

あそこの黒ずみ、人気で選ぶならイビサクリーム

差がありそうで意外とないのが、イビサクリームとホワイトヴェールディープクリアジェル。

私が使った感じで言えば、二つに差という差はありません。

人気で言えば圧倒的にイビサクリームの方が人気です。それは脱毛サロンで作られて、口コミ、実績ともに十分すぎる評価を得ています。

いろんな人が使って高評価を得ているということはいろんな肌や体質の人が利用しているということ。

率直にイビサクリームを選んでおけば間違いはないでしょう。

約一ヵ月分 40g
定期縛り 最低3回
定期購入
初回 3,780円+送料無料
2回目以降 4,980円+送料無料
返品保証 90日間

約一ヵ月分 35g
定期縛り 最低2回
定期購入
クレジットカード払(初回) 4,470円(税抜)
クレジットカード払(2回目) 4,970円(税抜)
クレジットカード払(3回目以降) 4,473円(税抜)
返金保証 28日間

      2017/09/08

 - 黒ずみケア比較 ,