覚えておきたい体の部位で異なるニキビの特徴。


女の子の肌で見た目が残念なことになるニキビ。

折角、綺麗に化粧をしても赤くぽっつりできてしまったら周囲の視線も気になりますよね。

ニキビの原因とその対処方法をしっかりしってケアしていきましょう。

できたら気になる、ニキビ。体の部位の対処を知っておこう。

顔、首、デコルテ、腕、背中、お尻とニキビができる場所は体中にたくさん。

どこの部位にできても結局のところ「毛穴つまり」から発生するんですね。

でも、体の部位によって肌の性質や治り方もさまざま。

闇雲にケアしてもなかなかうまくいきません。

ニキビと肌の性質しっかり覚えて、ニキビ予防していきましょう。

おでこ、眉間ニキビおでこニキビのケア方法

おでこや眉間は元々皮脂の多い場所。それに加え髪の毛が当たり外部よりの刺激も問題です。さらにシャンプーなど洗い流し忘れがニキビの原因に。

>>おでこニキビの原因と対処

頬(ホホ)ニキビほっぺたニキビのケア方法

ほほのニキビは化粧などの洗い流し、拭き取るときの外からの刺激が大きな問題です。また生理や生活習慣からくる女性ホルモンのバランスが崩れるとできやすくなります。

>>ほほニキビの原因と対処

口のまわり、あごのニキビ
口の周りのニキビのケア方法

口の周りやあご部分。ここにも多くの皮脂腺が存在しています。思春期ではあまり見られなかった大人のニキビ。女性ホルモンのバランスが崩れるとできやすくなります。

>>口のまわりのニキビ

鼻・鼻周りのニキビ鼻にできたニキビのケア方法

やはり鼻の周りも皮脂腺が多い場所です。さらに鼻の周りの毛穴は奥が深く、毛穴が詰まりやすい場所でもあります。しっかりした洗顔でケアしたいです。

背中のニキビnikibi-bui015

角質層の崩れなどで毛穴が詰まりニキビの原因に。さらに皮膚が厚く保湿が難しく、さらに外部からの刺激も多い部分です。

>>背中ニキビランキング

お尻のニキビ
nikibi-bui016

おしりニキビは多くの場合外部からの刺激が問題です。下着の見直しやしっかりとした保湿を見直してニキビケアしましょう。

      2016/09/25

 - ニキビ