女子肌

日焼け、ニキビ、黒ずみ、アンチエイジング。女性の肌、悩みと向き合う。

女性肌の秘密の悩み。「黒ずみ」の原因と解消ケア方法。


肌の黒ずみ。

女性だったら誰もが思うキレイでいたい。

だけど、気が付いたら肌が。

顔の黒ずみ。脇の黒ずみ。

デリケートなあそこの黒ずみ・

ヒジ、ヒザ、背中にお尻。

さらには鼻の頭。

キレイな肌を保ちたいけど、どうすればいいのか、黒ずみをなくす方法があるのか多くの女性が悩みを抱えているんです。

キレイな肌を守りたい。黒ずみ解消

一言に黒ずみといっても、現れる場所は人によって様々。

極端にいってしまえば体の部位で黒ずみが現れない場所はないんです。

だけども、黒ずみ、くすみは他の人から見られがち。

異性からであれば、特に気になりますよね。

美白。

色々な化粧品や黒ずみケアで見かけませんか?

美白というのは、本来の肌を取り戻すときに使われる言葉なんですね。

そして、本来の肌でない状態が、くすみや黒ずみといった肌の異常な状態という訳です。

黒ずみが発生するメカニズムは単純明快。

体がもっている肌を守る役割のせいなんです。

代表的なのがメラニン色素。

そもそもメラニンは紫外線や肌への刺激など、体を傷つけない様に肌のダメージを緩和してくれる役割を持ってくれる頼もしい存在です。

しかし、その代わりメラニン色素を発生させます。メラニン色素はシミ・そばかす、そして黒ずみの原因に。

体を守ってくれるけど、代わりに黒ずみの原因を生み出してしまう。なかなか気難しい存在なんですね。

そうはいっても私たちに女性にとっては大変な問題。

このメラニン色素の問題を解決するのが美白、黒ずみ対策という訳なんです。

黒ずみの原因を見ていきましょう。

黒ずみの中でも女性の多くが悩んでいる、デリケートゾーン。

問題の多くは、デリケートなあそこのことなので人に相談しにくいんですよね。

しかも、デリケートゾーンやVラインといった場所は皮膚が非常に薄く黒ずみやすい部位なんです。

さらにいえば、大切な場所だけあって脱毛や下着、きちんとケアしているつもりが黒ずみの原因になってしまう場所でもあるんです。

イビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアで圧倒的人気のイビサクリーム。当然他の部位でも利用できる。脱毛サロンで利用されている実績は伊達じゃりませんね。

超人気

 

 

デリケートゾーン、黒ずみの原因は脱毛?

知らず知らずに原因を作り出すのが脱毛なんです。

それも自分で行うセルフ脱毛。

デリケートゾーンの手入れは女性の身だしなみの一部。

そのくらい当然になってますね。

だけども、その方法が間違っているものであれば黒ずみの原因に。

カミソリや毛抜き、お手入れ自分でムダ毛処理。

そうなんです。ムダ毛の処理って方法を間違えると肌にはとっても悪いんです。

カミソリでムダ毛処理をしていて、白い粉みたいなのでてきたことありませんか?

実はこれ皮膚の一部なんです。本来肌を守ってくれる皮膚の一部がはがれることで黒ずみの原因に。

また、嫌なのが埋没毛、反り残し。根っこだけ残って剃った跡が非常に嫌な感じになりますよね。

毛抜きは痛みを感じますよね。肌への刺激が非常に分かりやすいです。

肌が刺激を感じ取って、メラニン色素沈着が発生しやすくなります。

なぜ自分でケアするかと言えば、自分でした方が早いから。安く上がるから。

だいたいそうです。私もそうです。

だけどもそれが黒ずみの原因になってしまうことは忘れない様にしたいですね。

脱毛するときは、脱毛サロンや専門のシェーバーで。

脱毛サロンは当然脱毛するだけでなく脱毛後のケアもしてくれます。

肌や黒ずみから守るためにジェルなどでケア。

専門のシェーバーを使うのも良いですね。

黒ずみを残さない為には、デリケートゾーンの黒ずみクリームなどでケアしたいです。

デリケートゾーン、黒ずみの原因は下着?

これは、避けて通れない問題なんです。

下着、洋服による肌の摩擦が黒ずみを発生させてしまうんです。

刺激というのは頭で感じなくても肌は敏感に感じています。

そして、肌への刺激をメラニンがしっかり守り、黒ずみの原因になります。

仮に下着をつけなくても肌と肌の摩擦は起きてしまいます。

原因を少なくするためには絹(シルク)の下着や綿(コットン)の下着で摩擦を少なくするといった方法が薦められます。

またVラインであればボクサータイプの下着もラインの摩擦が減る為良いでしょう。

ワキの黒ずみはほとんどの場合が自己脱毛によるものです。

もっとも簡単でもっと早くそして安くできる、セルフ脱毛。

どの部位でもムダ毛の処理というのは肌への負担が大きいんです。

ここでいう負担というのは、黒ずみですね。

クレアフォート

ワキの黒ずみで人気のクレアフォート。

定期購入の縛りが無く始め易く返金保証がしっかりしているお客様本位が人気の秘密ですね。

 

 

ワキの黒ずみの原因、自己脱毛。

カミソリや毛抜きで抜いた脱毛は肌へ大ダメージを与えることに。

とはいえ、ワキのムダ毛を剃らない女性はあまりいないでしょう。

黒ずみの原因は、結局のところどのような方法でも可能性はあるんです。

問題はその後のケア。

自己処理した後や専用シェーバーで処理をした後にきちっとケアクリームを使う。

刺激を受けた肌へのアプローチでメラニン色素の沈着を予防。

また、自分でムダ毛処理せず脱毛エステサロンなどで処理してもらうなど方法はさまざまです。

乳首、バストトップの黒ずみは、いろいろな原因が考えられます。

他の部位と同じように摩擦が原因でメラニンが作られ皮膚に沈着、乳首、バストトップが黒んずんでいく。

それは私たち女性にとって、外しようがないブラジャーなどの摩擦なんですね。

デリケートゾーンと並んで乳首、バストトップの黒ずみは男性から見ると「遊んでいる女の子。」という認識が定説みたいです。

当たり前ですけど、そんなのはウソ。

あくまで、人の持つ力で黒ずんでいるんですよ。

世の中の男性にもっと女性の肌のこと認知されたいものですね。

もう一つ大きなのが、女性ホルモンのバランスの変化が大きいでしょう。

妊娠や出産を気に乳首の黒ずみが一気に進んだ。

そんな声聞いた事ありませんか?

これは、女性ホルモンのバランスの変化によって体が変わってきている証拠なんですね。

変化によってホルモンが分泌されて乳首、バストトップを刺激。それが黒ずみの原因になるんです。

しかし、急激に黒というより黒茶色に変化するのは私もびっくりしました。

頭では妊娠はそうなることを理解していたつもりが、なんとなく旦那に見られるのも恥ずかしくなります。

妊娠腺も同じですが、出産後のケアをどうするかはその後の夫婦生活にも大きく与える場合もあるみたいですね。

乳首訴求

ホワイトラグジュアリー

乳首の黒ずみケアでの人気No1。ホワイトラグジュアリープレミアム。美白成分、美容成分が豊富に含まれているのが大きな特徴。可愛らしいサイトも特徴的で素敵です。

バストケア

 

 

鼻の黒ずみは他の部位とちょっと様子が変わります。

いちご鼻言われる黒ずみは毛穴つまりなんですね。毛穴に汚れ(化粧や皮脂など)が詰まり、時間と共に酸化。

黒くつぶつぶの角栓が出来上がり。いちご鼻の始まりです。

出来てしまった角栓はいろいろな方法で除去ができます。

但し、メリットやデメリット。その仕組みを理解していないと原因はそのままになってしまいます。

Remery

リメリー

鼻の黒ずみ、角栓への働きかける美容液、リメリー。出来てしまった鼻栓は厄介な存在。いちご鼻解消に。

オススメ

 

 

毛穴パックを使う。

ドラッグストアなどで販売されている毛穴パック。粘着力で毛穴の汚れを取ってくれます。

毛穴の汚れを根こそぎ持って行ってくれる反面、毛穴そのものは閉じられず結局いちご鼻ができてしまいます。

毛穴パックはお出かけ前に使う一時的な解決には効果は抜群です。

しかし、長期的に使うと肌を傷つけてしまいシミやニキビの原因になてしまうので注意が必要です。

指で押し出す、毛抜きで引き抜く

角栓は言葉の通り、毛穴に栓ができている状態です。

指で押しだしたり、毛抜きで引っ張って取ることもできます。

ただし、強い刺激はNG。

栓ができているといっても、簡単に取れるものあれば取れないものも様々。

無理やり行うと、肌に刺激を与えシミや黒ずみといった原因に。

自分でできる方法ではありますが、リスクが高すぎるのでオススメできません。

いちご鼻の改善。きちんと洗顔

結局のところ、いちご鼻の解決方法はきっちりとした洗顔。

そして、角栓を作らないことが肝心なんです。

黒ずみケアの基本は生活習慣の見直しから

肌の部位によって様々なケアコスメが発売されていますが、あくまで対処療法。

黒ずみそのものの発生を抑え、美白。つまり私たち本来の肌の姿を取り戻すために利用します。

重要なのはあくまでも、毎日を過ごす日々。生活習慣を見直すことです。

暴飲暴食を辞めバランスの良い食生活。適度な運動に、規則正しい睡眠。

これをしっかり見直して、それでもできてしまうのが黒ずみです。

○○を利用したけど改善しませんでした。なんて声をよく見かけますがコスメは魔法の薬ではありません。

あくまで体本来の働きの上で、手伝ってくれるもの。

折角、優れたコスメを利用するのならば私たちの日々の生活ももう一歩見直してみるもの悪くないと思いますよ。

      2017/05/22

 - 肌の黒ずみ対策 , , ,