ホワイトヴェールとインナーパラソル16200を比較してみました

ホワイトヴェールとインナーパラソル

当たり前になってきた、飲む日焼け止め。

ホワイトヴェールとインナーパラソル。どちらも主な成分としてニュートロックスサンを使用している人気の飲む日焼け止めです。

ただ、違いが分からない。

パッと見ると値段くらいしか分からない。ですよね。

ちょっと比較していきましょう。

ホワイトヴェールとインナーパラソル16200forUVの特徴を比較していきましょう。

まずは分かりやすく、ホワイトヴェールとインナーパラソル違いのまとめから見ていきましょう。

ホワイトヴェールとインナーパラソルの違いは

  1. 価格が安いのはホワイトヴェール
  2. 定期購入
    • ホワイトヴェールが最低4回
    • インナーパラソルが最低4回
  3. 返金保証
    • ホワイトヴェールが15日間
    • インナーパラソルは無し
  4. 主な成分
    • ホワイトヴェール、インナーパラソルも同じニュートロックスサンを使用
  5. 1粒あたりの成分量
    • ホワイトヴェールは公表していない
    • インナーパラソルは公表している
  6. ニュートロックスサンのロゴマークを袋に利用できるのはインナーパラソル
  7. 美肌成分の容量が多いと思われるのはインナーパラソル(ホワイトヴェールは公表していないので成分数から判断)
  ホワイトヴェール インナーパラソル16200
初回価格 980円 5,600円
2回以降 4,980円
5回目以降 3,980円

ホワイトヴェールとインナーパラソル16200の簡単なまとめ

ホワイトヴェールは他の飲む日焼け止めと比較しても、価格・成分・保証すべてがバランスよく整っています。

インナーパラソルは価格こそ1000円ほど高くなりますが、日焼け・美肌の成分で勝っています。

飲む日焼け止めの成分はインナーパラソルの方が多く入っている(と思います。重ね重ねホワイトヴェールは公表していない為)

補足しておきますが、私がホワイトヴェールを飲んでその効果はしっかり感じ取れています。

女子肌編集部が考えるホワイトヴェールとインナーパラソル比較

ランキングでも1位と2位の接戦を繰り広げています。

成分は劣るけど値段が安いホワイトヴェール

成分豊富だけど値段が上がるインナーパラソル

甲乙つけがたい感じです。価格で選ぶならホワイトヴェール。少しでも美肌にこだわるならインナーパラソルを選んでおけば間違いないでしょう。

約一ヵ月分 1袋/60粒
定期購入期間 4回
初回 980円+送料無料
2回目以降 4,980円+送料無料
5回目以降 3,980円+ 送料無料
返品保証 15日間

約一ヵ月分 1袋/60粒
定期購入期間 3回
定期購入金額(1袋) 5,600円+送料無料
定期購入金額(2袋) 10,500円+送料無料
定期購入金額(3袋) 14,700円+送料無料
返金保証 無し

2017年3月31日まで初回限定980円。少しでも安く購入したい人にお得なキャンペーン実地中です!!

ホワイトヴェールとインナーパラソルの成分を比較します。

ホワイトヴェールとインナーパラソルの特徴とは

価格の違いが成分の違い、ホワイトヴェールとインナーパラソルでは大きな差があります。

まず、飲む日焼け止めの成分としてニュートロックスサンを使用しています。

ニュートロックスサンの説明は、後に行います。

とりあえずは85日間飲み続けた結果、約60%の紫外線をカットしたテスト結果がある成分なんですよ。しっかりとした研究結果が発表されているのは強みですね。

ホワイトヴェールとインナーパラソル、二つの違いのキーワードになるのが成分量。

ニュートロックスサンは250㎎を13歳~60歳までの人が飲み続けた結果を公表しています。

インナーパラソルは1袋に含まれる成分量を公表しています。

ホワイトヴェールは成分量は公表していません。

そしてなにより、ニュートロックスサンを使用するのにあたってロゴマークが250mgを超えていないと使うことができないんです。

インナーパラソルの袋にはついていますが、ホワイトヴェールにはついていません。

ニュートロックスサンのロゴマーク。1日分に250㎎以上含まれないと利用できません。

インナーパラソル、一袋に含まれるニュートロックスサンは7,500㎎。

1袋60粒入っていますので、1粒に125mgのニュートロックスサンが含まれる計算になります。

そうすると、1日に2粒飲むように推奨されていてピッタリ250㎎になる計算ですね。

同じニュートロックスサンを使用しているホワイトヴェールとインナーパラソル16200。

同じ成分を利用してい様に見えますが、実際には大きな違いがあるんですね。

ちなみに、ホワイトヴェールって効果がないの?

という話になりますが、実際にはそんなことはなく私が利用した限りではしっかりと効果を感じ取ることはできています。

実は、同じだけの量が含まれてい可能性も否定はできませんね。

飲む日焼け止めで使われている、ニュートロックスサンってなに?

ホワイトヴェールとインナーパラソルに使われる。ニュートロックスサン

ニュートロックスサンは国産の飲む日焼け止めでよく使われている紫外線をカットする成分です。

スペイン生まれのこの成分は、10年以上の時間かけミギュエル大学とモンテローダ社が出しました。

その中身は、トラス果実とローズマリー葉から複数の天然ポリフェノール。

女性の大敵、シミやたるみ。紫外線で老化と言われる症状です。

紫外線を浴びることで体内に発生する、活性酸素をコントロールすることでケアします。

さらにインナーパラソルはパイナップルで日焼けケア

パイナップルの力で紫外線対策

インナーパラソルが成分で勝っている理由は他にもあります。

パイナップルの成分で作られているパインセラ。

飲む日焼け止めの成分でよく使われるのが、ニュートロックサン、シダ由来の成分、そしてパイナップル由来の成分。

ニュートロックサンはホワイトヴェールもインナーパラソルも利用しているのは説明してきました。

それに加え、インナーパラソルはパイナップル由来の成分も同時に含んでいるのです。

飲む日焼けに使われている、3つのうち2つもの成分を含むインナーパラソル16200。

成分量、インナーパラソル16200の圧倒的な形で差がついていますね。

ホワイトヴェールとインナーパラソル、成分の違いを一覧で見てみましょう。

ホワイトヴェール インナーパラソル
シトラス果実・ローズマリー葉エキス末
微粒ニ酸化ケイ素
結晶セルロース
混合ハーブエキス(グアバ、ホーリーバジル、セスバニア、レモン皮、アムラ、ベニノ種子)
コラーゲン含有食品(コラーゲンペプチド、N-アセチルグルコサミン)
植物プラセンタ(メロン胎座抽出物、デキストリン)
ザクロエキスパウダー
トマトパウダー(リコピン含有)
マリーゴールド抽出物
クチナシ
ステアリン酸Ca
L-シスチン
ビタミンC
セラック
還元麦芽糖水飴末
きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末
パイナップル果実エキス末(セラミド含有)/ビタミンP、ビタミンC
シクロデキストリン
ステアリン酸カルシウム

シトラス果実・ローズマリー葉エキス末がニュートロックスサンの中身ですね。当然どちらにも含まれます。

成分量はホワイトヴェールが圧巻ですね。

ホワイトヴェールのコスパ、成分のバランスの良さの人気はここにありですね。

マリーゴールド抽出物は、アイケアサプリメントで使われるルティンが含まれます。目から入ってきた紫外線ダメージを軽減してくれる役割に使われます。

目は、塗る日焼け止めでも防ぎようがない場所なので飲む日焼け止めでしっかりカバーしたいですね。

インナーパラソルは、ニュートロックスサンとパイナップル成分。

もう一つ注目したいのがが、コプリーヌと言われるキノコ成分ですね。

非常に強い抗酸化作用を持っているコプリーヌは活性酸素の抑制に働きかけてくれます。

ホワイトヴェールとインナーパラソル、実際の商品を比べてみました。

ホワイトヴェールとインナーパラソル

左がインナーパラソル16200forUV、右側からホワイトヴェールになります。

インナーパラソルはピッカピカのパッケージが利用されていて、ずっと見ていたら目が痛いです。(笑)

ホワイトヴェールは名前の通り白地が基調となっていて、落ち着いた感じですね。

私はどちらが好きかと言えばホワイトヴェールの方が好きですね。

インナーパラソルとホワイトヴェール。サプリのサイズの違いを見てみましょう。

ホワイトヴェールとインナーパラソルの粒の大きさの違い

粒の大きさは、インナーパラソルの方が若干大きい感じです。

そんなに違いはないので飲みやすさ、飲みにくさなど気になる大きさではないですね。

ホワイトヴェールとインナーパラソルの臭い

サプリメントの臭い。臭いがきつかったりして飲みにくい、なんて思いしたことありませんか?

ホワイトヴェールもインナーパラソルも鼻の近くまでもってくると、苦い(?)臭いが漂ってっきます。

どちらかといえば、インナーパラソルの方がきついです。

ただ、あくまで鼻の近くまで持ってきた場合なので口に含む程度では気にならないので安心して大丈夫です。

ホワイトヴェールとインナーパラソルのを飲み比べ

飲んだ感触は、ホワイトヴェールとインナーパラソルだけでなく一般的なサプリメントと変わりませんね。

ただ飲んだ後、続け始めた後の変化は感じ方がちょっと違いました。

ホワイトヴェールは飲んで、日焼けには強くなった(?)気はしますが、

インナーパラソルは肌にもっちり、しっとり変化していく感じを受けました。もちろん肌も焼けてはないですよ。

この辺りは飲み比べた私は感じとれましたが、飲んだ人によって感じ方は変わる部分だと思います。

 

ホワイトヴェールとインナーパラソル、価格と定期購入比較しました。

ホワイトヴェールは定期購入で購入したときに初回特典で980円と求めやすい金額になっています。

全体の金額で見てもホワイトヴェールの方が価格は安いです。

2回目以降の金額が4,980円、5回目以降の金額が3,980円。

続ければ続けるほどお得になっています。

インナーパラソルの定期購入(毎月/1袋)価格5,600円を比べてみても一回り安いですね。

インナーパラソルは、定期購入が複数プラン用意されています。

毎月送られてくる数で割引率が変わるんです。

定期購入1袋で20%OFF、2袋で25%、3袋で30%と値引き率が上がっていきます。

定価が7,000円なので割引き率は大きいですが、その分毎月の負担も大きくなるので難しいですね。

ちなみに毎月3袋の14,700円の定期購入を選ぶと1袋あたり4,900円になりホワイトヴェールより安くなります。

インナーパラソル16200
  金額 1袋あたり ホワイトヴェールとの差額
毎月1袋 5,600円 5,600円 -620円
毎月2袋 10,500円 5,250円 -270円
毎月3袋 14,700円 4,900円 80円

しかし、ホワイトヴェールは定期購入5回目以降は値段が1,000円も値引きされるので最終的にもホワイトヴェールがお得なのは変わりませんね。

実際に定期購入した場合の値段を表で比較してみましょう。

ホワイトヴェール、インナーパラソル、定期4回分で比較しても、その差は6480円も差が付く結果となりました。

ホワイトヴェール、4ヵ月間

初回+定期購入x3 15,920円

インナーパラソル16200、3ヵ月、4ヵ月間

定期購入3回 16,800円
定期購入4回※ホワイトヴェールと同期間購入した場合の金額 22,400円

価格だけで比較するならば、ホワイトヴェールが圧倒的です。

結構すごいホワイトヴェールの返金保証

ホワイトヴェールの返金保証は15日間。

ですが、その内容が結構濃いんです。

通常、肌に合わなかったら、効き目を感じられなかったらなど注釈が入っている返金保証。

ホワイトヴェールはいかなる場合でも返品を受け付けるといった内容なんです。

届いてから15日間の返品の必要があったり料金を負担する必要があったりとひと手間ありますが、内容としては素晴らしいものになっています。

返金保証はとっても重要ですので必ず、公式サイトで確認して購入してくださいね。

ホワイトヴェールとインナーパラソル、まとめ

改めてホワイトヴェールとインナーパラソルまとめてみましょう。

価格は、ホワイトヴェールの圧勝です。続ける事も大切な飲む日焼け止めなので、求めやすさというのは重要です。

成分については、インナーパラソル圧勝です。

美肌成分、保湿成分に富んでいるインナーパラソル。飲む日焼け止めにプラスアルファ美肌にもトコトンこだわっているといえます。

価格と成分から考えてみると

ホワイトヴェールは20代、そして30代で美肌ケアは別に行っている方にオススメですね。

インナーパラソルは30代、40代の女性にピッタリの飲む日焼け止めといえます。

ホワイトヴェールとインナーパラソル、貴女はどちらを選びますか?

約一ヵ月分 1袋/60粒
定期購入期間 4回
初回 980円+送料無料
2回目以降 4,980円+送料無料
5回目以降 3,980円+ 送料無料
返品保証 15日間

約一ヵ月分 1袋/60粒
定期購入期間 3回
定期購入金額(1袋) 5,600円+送料無料
定期購入金額(2袋) 10,500円+送料無料
定期購入金額(3袋) 14,700円+送料無料
返金保証 無し

      2017/03/19

 - 飲む日焼け止め比較 ,